[市場動向]

企業ITに浸透するオープンソースソフト

2012年5月8日(火)

広がるソフトウェアの選択肢 企業ITにおけるオープンソースソフト(OSS)の適用範囲は、今やOSやデータベースにとどまらず、業務アプリケーションやオフィスソフトへと広がっている。品質向上や機能拡充、サポートサービスの充実に伴って国内外で大規模な導入事例が増加。こうした好循環を背景に、企業ITへ着実に浸透し始めたOSSの現在を総ざらいする。 [栗原 雅/緒方 啓吾]

  • [node:4329]
  • [node:4330]
  • [node:4331]
  • [node:4332]
  • [node:4333]
関連記事

企業ITに浸透するオープンソースソフト広がるソフトウェアの選択肢 企業ITにおけるオープンソースソフト(OSS)の適用範囲は、今やOSやデータベースにとどまらず、業務アプリケーションやオフィスソフトへと広がっている。品質向上や機能拡充、サポートサービスの充実に伴って国内外で大規模な導入事例が増加。こうした好循環を背景に、企業ITへ着実に浸透し始めたOSSの現在を総ざらいする。 [栗原 雅/緒方 啓吾]

PAGE TOP