[インタビュー]

座談会:OSS活用の道筋を探る PART 2

2012年5月15日(火)

今、改めてOSSと向き合い 企業ITでの活用可能性を探る 大規模分散データ処理基盤「Hadoop」を例に出すまでもなく、 オープンソースソフト(OSS)の存在感は日増しに高まっている。 OSSとどう向き合うのが、ユーザー企業とベンダーの双方にとって得策か。 ユーザー企業のIT責任者、ベンダーのOSS推進責任者、アナリストに話を聞いた。

原田 敬太 氏
原田 敬太 氏
JFEスチール IT改革推進部長
1982年4月、川崎製鉄に入社。同社の水島製鉄所システム室長を務める。日本鋼管との合併で2003年4月にJFEスチールが誕生した後、IT改革推進部基盤グループ長として基幹系システムの統合プロジェクトに参画。リーダーとして新基幹系システム「J-Smile」のインフラ設計や構築をけん引してきた。2011年4月より現職


寺嶋 一郎 氏
寺嶋 一郎 氏
積水化学工業 コーポレート 情報システムグループ長
1979年4月に積水化学工業に入社し、生産技術部において制御系システムや生産管理システムを開発。その後、積水化学工業の情報子会社アイザックで住宅事業向けエキスパートシステムの開発などを推進する。2000年6月、積水化学工業の情報システム部長に就任。組織改変により、2007年4月から現職


甲元 宏明 氏
甲元 宏明 氏
アイ・ティ・アール シニア・アナリスト
三菱マテリアルにてサプライチェーン改革やグループIT戦略の立案を主導してきた。欧州企業との合弁事業ではグローバルIT責任者として欧州・北米・アジアを統括し、ERPの展開などを実施。2007年から現職。クラウドコンピューティングやスマートデバイス、オープンソースなど幅広い分野を専門に動向を分析している


吉田 正敏 氏
日本OSS推進フォーラム アプリケーション部会 部会長(富士通 プラットフォーム技術本部 チーフストラテジスト)
1978年4月、富士通に入社。ベクトル型スパコンのOS開発などをけん引した後、OSS技術センターやトレーニングセンターの設立を手掛けてきた。2005年から日本OSS推進フォーラムのアプリケーション部会長などの要職に就き、OSSロードマップの策定やRubyアプリケーションのOSS化など、OSSの普及活動に従事している


この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

座談会:OSS活用の道筋を探る PART 2今、改めてOSSと向き合い 企業ITでの活用可能性を探る 大規模分散データ処理基盤「Hadoop」を例に出すまでもなく、 オープンソースソフト(OSS)の存在感は日増しに高まっている。 OSSとどう向き合うのが、ユーザー企業とベンダーの双方にとって得策か。 ユーザー企業のIT責任者、ベンダーのOSS推進責任者、アナリストに話を聞いた。

PAGE TOP