[市場動向]

鳥瞰図で見るOSSのカバー範囲 PART 3

2012年5月15日(火)

クラウドや運用管理にまでOSSの勢力圏が拡大 LinuxやWeb/アプリケーションサーバーから企業に浸透してきたOSS。 最近では、クラウドやビッグデータなどのOSS発の新技術はもちろん、 データベースや運用管理などにも活躍の範囲を拡大し続けている。 各企業への取材から見えてきたOSSの動向をまとめた。

OSSと言えば、OSやミドルウェアが真っ先に思い浮かぶが、企業ITで利用可能な範囲はさらに広がり続けている。動向に詳しい複数のベンダーの協力を得て、主要なOSSをピックアップ、ジャンル別に整理したものが18ページの図3-1である。大量データの処理基盤「Hadoop(詳しくは弊誌2012年3月号参照)」や、スマートフォン向けOS「Android(同2012年1月号参照)」などの新技術から、統合運用監視やセキュリティなど、企業ITの安定稼動に欠かせない技術まで、さまざまな分野にOSSが進出していることがわかる。

OSSに関する社内SEからの問い合わせに対応する富士通の吉田正敏チーフストラテジストは、「従来は、TomcatやMySQLなどの定番に問い合わせが集中していたが、最近は業務アプリからクラウドまで多岐にわたっている。OSSの裾野は確実に広がった」と述べる。以下、最近の動向を見ていく。

Linux
企業ITを支えるインフラに基幹システムでの導入事例も

“無料で利用できるが、性能面や品質面は高くない”というイメージが強いOSS。しかし、商用製品に肩を並べるまでに成長した分野もある。その筆頭がLinuxである。「信頼性やスケーラビリティに課題があるとされた時代もあったが、最近は性能面を疑問視する声を聞かなくなった」(ノベルの山崎正弘シニアマネージャー)。

金融系の基幹システムでもLinuxの採用が増えている。例えば、東京証券取引所が2010年から運用を開始した株式売買システム「arrowhead」ではレッドハットのLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」を選択。2011年11月には、東京三菱UFJ銀行がSOA基盤のOSとしてノベルの「SUSE Linux Enterprise Server」を採用したと発表した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

鳥瞰図で見るOSSのカバー範囲 PART 3クラウドや運用管理にまでOSSの勢力圏が拡大 LinuxやWeb/アプリケーションサーバーから企業に浸透してきたOSS。 最近では、クラウドやビッグデータなどのOSS発の新技術はもちろん、 データベースや運用管理などにも活躍の範囲を拡大し続けている。 各企業への取材から見えてきたOSSの動向をまとめた。

PAGE TOP