[イベントレポート]

【IMPACT2012】基調講演~「ITでゲーム(=ビジネス)のルールをチェンジせよ!」

2012年5月11日(金)

米IBMは4月29日~5月3日、ミドルウェア「WebSphere」に関する年次カンファレンス、「IMPACT2012」を米ラスベガスで開催した。基調講演のトピックを紹介する。

「企業は自分のビジネスを再構築する機会を逃してはならない。基調講演で明らかになったように、創業100年の歴史を持つ家電メーカーのワールプール、中堅銀行のハチントン銀行、あるいはアイルランドに本拠を置く海洋研究所などがテクノロジを駆使してビジネスを再構築している」(米IBMでミドルウェア製品のジェネラルマネジャーを務めるマリー・ウィック氏)。

米IBMは4月29日~5月3日、ミドルウェア「WebSphere」に関する年次カンファレンス、「IMPACT2012」を米ラスベガスで開催した。8500人の参加者(大半が約20万円を支払った有料参加者)、600ものセッション、50弱の出展社など、単一製品ラインのカンファレンスとしては有数の規模。WebSphereのような基盤ミドルウェアへの関心は日本では今ひとつだが、当地では明らかに事情が異なる。

なぜそんなに関心が高いのか。背景にあることのひとつが冒頭の言葉に象徴される、ある種の切迫感だろう。多少の明るさが見えるとはいえ、企業を取り巻く状況の厳しさや先行きの不透明感は日米とも変わらない。状況を打破するためのツールとして、そして初日の基調講演のテーマである「The Business of Technology」の手法としてITを捉え、先に進もうとしているのだ。以下では初日と2日目の基調講演の模様をお伝えする。長文なので、読み飛ばしながら全体の雰囲気をつかんで欲しい。

初日の基調講演
「イノベーションは継続が肝心」

基調講演の時間は2時間あまり。その間、20分~30分毎に様々な立場の講演者が入れ替わりで登壇した。日本ではほとんどない見られない形式だが、IMPACTのようなカンファレンスではごく一般的である。「The Business of Technology」といっても、あるいはそれをIBMのミドルウェアに絞ったとしても様々な側面があり、結果として現在の形になったようだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【IMPACT2012】基調講演~「ITでゲーム(=ビジネス)のルールをチェンジせよ!」米IBMは4月29日~5月3日、ミドルウェア「WebSphere」に関する年次カンファレンス、「IMPACT2012」を米ラスベガスで開催した。基調講演のトピックを紹介する。

PAGE TOP