[新製品・サービス]

中小企業のマスターデータ管理を容易にするERPパッケージ

2012年5月24日(木)

SAPジャパン SAPジャパンは2012年3月22日、「SAP Business One 8.82」の販売を開始した。Business Oneは、中小企業向けERPパッケージ。財務会計や販売・仕入・購買・在庫管理、顧客管理といった機能群をまとめて提供する。

今回の新版には、大きく3つの機能強化を施した。第1の強化点は、マスターデータクリーンアップ機能である。不要になったマスターデータ(取引先やアイテム、勘定項目、配賦規則など)をウィザード画面から消去できるようにした。これにより、ハードウェアの使用容量を圧縮できる。消去した場合にビジネスロジックの整合性が保たれるかどうか、事前に自動確認する。このため、人的ミスを回避できる。

第2に、取引先との長期にわたる販売・購買を前提に結ぶ包括契約に対応した。包括契約で定義した契約期間や特別価格を、個別の受発注時に自動的に反映する。包括契約の達成率を、随時確認する機能を持たせた。3つめの強化点としてマーケティングイベント情報を登録・更新・分析できるキャンペーン管理機能を追加した。価格は公表していない。 (力竹)

関連記事

中小企業のマスターデータ管理を容易にするERPパッケージ SAPジャパン SAPジャパンは2012年3月22日、「SAP Business One 8.82」の販売を開始した。Business Oneは、中小企業向けERPパッケージ。財務会計や販売・仕入・購買・在庫管理、顧客管理といった機能群をまとめて提供する。

PAGE TOP