[新製品・サービス]

SUSE Linux Enterprise 11 Service Pack 2をリリース

2012年5月24日(木)

ノベル ノベルは2012年3月26日、「SUSE Linux Enterprise 11 Service Pack 2」の提供を開始した。ミッションクリティカルな基幹システムでの利用に耐え得るエンタープライズ向けLinuxという位置付けだ。

SP2では、メモリー管理やアプリケーション性能、ネットワークの負荷分散などを改善した最新のLinuxカーネル「3.0」を採用。従来の2.6系列のカーネルを対象とするアプリケーションの互換性も確保している。そのほか、ファイルを過去の状態に戻すためのスナップショット機能を備えたファイルシステム「Btrfs」や、単一ハードウェア上で複数のLinuxを稼動させる仮想化技術「LXC(Linux Container)」などの新機能を追加した点が目を引く。オフィススイートは、これまでの「Open Office」から「LibreOffice」に切り替えた。

カーネルの最新版への切り替えについては、メジャーバージョンアップに合わせるのがこれまでの通例だったが、社内の開発手法の変更によって、Service Packのリリース時など今後は頻度を上げていくという。 (緒方)

関連記事

SUSE Linux Enterprise 11 Service Pack 2をリリース ノベル ノベルは2012年3月26日、「SUSE Linux Enterprise 11 Service Pack 2」の提供を開始した。ミッションクリティカルな基幹システムでの利用に耐え得るエンタープライズ向けLinuxという位置付けだ。

PAGE TOP