[新製品・サービス]

容量の効率的活用やデータの信頼性を高めた高速ストレージ

2012年5月25日(金)

SCSK SCSKは2012年3月28日、フラッシュメモリーを採用したストレージに、ソフトウェアを組み合わせたソリューションの提供を開始した。

ストレージは米Violin Memory社の「Violin Memory V-3000シリーズ」を採用。記憶媒体にフラッシュメモリーを搭載しており、HDDよりも高速にI/O処理できるのが特徴だ。これにファルコンストアのデータ保護機能などを備えるソフト「FalconStor NSS」を組み合わせて提供する。これにより、ストレージ容量を効率的に活用するシンプロビジョニングや、2台のストレージ間でデータを同期するミラーリング機能が使えるようになる。まだ容量あたりの単価が高いフラッシュストレージの利用効率を、データの信頼性を損なわずに高めることができる。

そのほか、異機種のストレージを一元管理する機能や、遠隔地とのレプリケーション機能も備える。

事前検証済みのモデル構成として、サーバー「HP ProLiant DL 380」(2台でHA構成)とViolin Memory V-3000、FalconStor NSSのセット価格(税別)は2499万円から。 (折川)

関連記事

容量の効率的活用やデータの信頼性を高めた高速ストレージSCSK SCSKは2012年3月28日、フラッシュメモリーを採用したストレージに、ソフトウェアを組み合わせたソリューションの提供を開始した。

PAGE TOP