ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[製品サーベイ]

大きなボード上でPC画面と手書き文字を“融合”議論のポイントを確実に保存し有効利用する

2012年5月16日(水)

電子黒板 PCの画面を表示するスクリーンと、手書き文字などを書き込むホワイトボードの機能を組み合わせた電子黒板。教育現場を中心に普及してきたが、その操作性と利便性から企業への導入も想定される。最新の電子黒板製品の特徴をまとめた。

会議やブレーンストーミングの場では、プロジェクタを使用してPCのプレゼン資料をスクリーンに投影することがよくある。大画面を使って出席者全員でスライドを共有できるため、説明した内容の理解を深めるのに役立つ。しかし、資料のここが大事と指示棒やレーザーポインタで示しても、後で配られた資料を読み返した時にはその個所に何も目印は記されていない。会議中のせっかくの議論やアイデアが残らないのは、実にもったいない。

そこでPCのプレゼン資料を表示するスクリーンの役割と、手書き文字などを書き込むホワイトボードの役割を合わせ持ち、双方の画面情報を重ねて保存できる電子黒板に関心が集まっている(電子情報ボードやインタラクティブ・ホワイトボードとも呼ぶ)。会議中に気づいた意見などをプレゼン資料に手書きで書き込めるため、重要個所に下線を引いたり、必要なコメントを書き込んだりして保存しておくことが可能となる。教育現場では生徒の学習意欲を高めるとして多くの導入実績があるが、今後は会議中のコミュニケーション促進や、顧客先で訴求力の高いプレゼンを実施することを目的に、企業が導入するケースが見込まれている。

提供形態の違いから4つに分類
コストや利便性に差異

電子黒板はPCに専用ソフトウェアをインストールすることで、PCの画面と手書き文字を書き込んだ画面を重ねて保存できる。画面はJPEGやPNGといった画像ファイルとして保存するのが一般的だが、一度利用した手書き文字などを次回の会議で再利用できるように、編集可能な独自形式のファイルで保存するものも少なくない。

なおマイクロソフトの「オフィス」は、電子黒板やタブレットデバイスで利用する場合に限り「インク機能」が有効となる。これにより、電子黒板用ソフトウェアを利用せずとも、パワーポイントやエクセルに手書き文字を書き込んで画像として保存できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

大きなボード上でPC画面と手書き文字を“融合”議論のポイントを確実に保存し有効利用する 電子黒板 PCの画面を表示するスクリーンと、手書き文字などを書き込むホワイトボードの機能を組み合わせた電子黒板。教育現場を中心に普及してきたが、その操作性と利便性から企業への導入も想定される。最新の電子黒板製品の特徴をまとめた。

PAGE TOP