[マーケティング志向で行こう!]

自らメディアを作ってしまう企業が増えてきたと思いません?

2012年5月17日(木)

突然ですが、「オウンドメディア」という言葉をお聞きになったことはありますか? 数年前から広告やウェブマーケティングの業界を中心に広まり始めた言葉で、今では“市民権”を得つつあります。

これらの業界には、メディアを性質によって種別した「トリプルメディア」と呼ばれる分類があります。1つはペイドメディア(Paid media)です。マスメディアなどに「お金を払って」(Paid)掲載してもらう広告が代表例です。

2つめはアーンドメディア(Earned Media)。これは宣伝や売り込みではなく、ファンになってもらいクチコミなどを獲得(Earned)するメディアのことで、ソーシャルメディアはこの分野に入ります。

そして3つめがオウンドメディア(Owned Media)、すなわち自社「所有」のメディアです。最近、コンテンツを工夫して自社サイトをメディア化する企業が増えてきましたよね。それらのサイトがオウンドメディアに分類されます。

自社サイトをウェブマガジンに

これまで企業ウェブサイトのコンテンツといえば、製品の解説やセミナーの案内、ニュースが中心でした。でも、それだけでは関心のある人しか閲覧しませんし、頻繁に訪れてもらうのは難しい。訪問者を呼び込もうとして製品名を連呼したメールマガジンを頻繁に送るなど“行き過ぎた”行動を採ると、オプトアウト(解除)されるなど逆効果にもなります。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
マーケティング志向で行こう!一覧へ
関連記事

自らメディアを作ってしまう企業が増えてきたと思いません? 突然ですが、「オウンドメディア」という言葉をお聞きになったことはありますか? 数年前から広告やウェブマーケティングの業界を中心に広まり始めた言葉で、今では“市民権”を得つつあります。

PAGE TOP