[技術解説]

データ保護に役立つセキュリティ製品の総まとめ

2012年7月24日(火)

DB暗号化の処理能力は大幅に改善 クラウド上のデータ保護を謳う製品も 長年、懸念されてきたDB暗号化のパフォーマンス問題は過去のものとなりつつある。 ファイル暗号化やDLP、ILMなども使い勝手を高めるべく進化を続けている。 さらに、DB管理者の不正対策やクラウド上のデータ保護を謳う製品も登場。 Part5では、データセキュリティに関連する製品を見ていく。 緒方 啓吾(編集部)

ネットワークやPC向けの対策が重視されてきた分、データを対象としたセキュリティ対策の存在感はどちらかというと薄い。しかし、各ベンダーはデータ保護という困難な課題を解決するため、長年に渡って力を注いできた。これまでに蓄積された知見は、今後、データセキュリティに取り組む企業にとって必ず役立つはずだ。主要な製品をみていこう。

【データベース暗号化】
ハードウェアの支援機能を活かし
パフォーマンスを大幅に改善

企業ITの中でも重要データが集中するデータベース。保護の柱となるのが暗号化である。テーブル単位のアクセス制御、カラム単位のマスキング、SQLのモニタリングなどの対策の重要性は言うまでもない。ただし、ディスクに保存したデータを直接覗き見ることができるようでは、せっかくの対策も効果が半減してしまう。

オラクルやマイクロソフト、IBMなどの主要データベース製品は暗号化オプションを備えている。オープンソースを利用する場合はサードパーティの製品も選択肢となり得るだろう。暗号化を利用する環境は整っている。

しかし、これまで国内ではデータベースの暗号化は敬遠されてきた。「海外大手企業の利用率は85%程度。一方、国内では10%未満にとどまっている」(日本オラクルの山本恭典執行役員)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
関連記事

データ保護に役立つセキュリティ製品の総まとめDB暗号化の処理能力は大幅に改善 クラウド上のデータ保護を謳う製品も 長年、懸念されてきたDB暗号化のパフォーマンス問題は過去のものとなりつつある。 ファイル暗号化やDLP、ILMなども使い勝手を高めるべく進化を続けている。 さらに、DB管理者の不正対策やクラウド上のデータ保護を謳う製品も登場。 Part5では、データセキュリティに関連する製品を見ていく。 緒方 啓吾(編集部)

PAGE TOP