[イベントレポート]

「日本メーカーは世界市場を視野に入れ、製品開発を」米MSのバルマーCEOが日本のパートナー企業に檄!

2012年5月24日(木)

「これからの1年はWindowsを再創造する1年だ。(再創造を実現することは)マイクロソフトにも、今日、集まってもらった日本のパートナー企業にもメリットをもたらす。それを可能にするのがWindows8だ。パートナーの皆さんに申し上げたいのは、革新的なハードウェアやアプリケーションを開発してほしいこと。日本は世界の3大IT市場の1つだが(そこにとどまるのではなく)、世界各地に輸出することを期待している」。

日本マイクロソフトは5月21日、ビジネスパートナーに向けた「Windows Partner Executive Summit」を開催。その場で米マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOは、集まった国内のハードやソフトメーカーに対し上記のように強調した。

Windows Partner Executive Summit

アップルやグーグルの攻勢を受けて、スマートデバイス分野では今のところ劣勢に立たされるマイクロソフト。だがアップルやサムスン電子、HTCなどに押されっぱなしの、日本のハード/ソフトメーカーも事情は同じ。そこでWindows8を軸に反転攻勢に出ようという呼びかけだ。あえて「世界への輸出」に言及したのも、「リスクを避けて国内向けの製品を開発していては勝負にならない」という危機感の表れと言っていい。

そこまで言うだけあって、マイクロソフトはWindows8の完成度に強い自信を持っているようだ。「Windows8は、タブレットからラップトップまで様々なタイプのマシンで動く。スクリーンサイズやプロセサ性能に差があっても、高速かつなめらかな操作ができるし、タッチスクリーンはもとより、ペンもキーボードも使える。何かを選んだとき、何かを犠牲にするトレードオフをしなくてもいいのが利点」(バルマーCEO)。

Windows Partner Executive Summit

もちろん起動の早さも数秒と、問題ないレベル。WindowsPhoneにも共通する「メトロ(Metro)ユーザーインタフェース」は、iPhoneやアンドロイドのそれに比べると一見地味だが、アプリケーション同士の連携がスムースだったり、立ち上げていない時の情報更新も自動化していたりする。例えば、電源がオフでも自動的にネットに接続してメールやインスタントメッセージをチェックするといったことだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「日本メーカーは世界市場を視野に入れ、製品開発を」米MSのバルマーCEOが日本のパートナー企業に檄!「これからの1年はWindowsを再創造する1年だ。(再創造を実現することは)マイクロソフトにも、今日、集まってもらった日本のパートナー企業にもメリットをもたらす。それを可能にするのがWindows8だ。パートナーの皆さんに申し上げたいのは、革新的なハードウェアやアプリケーションを開発してほしいこと。日本は世界の3大IT市場の1つだが(そこにとどまるのではなく)、世界各地に輸出することを期待している」。

PAGE TOP