[イベントレポート]

ソフトウェア開発は開発と運用が一体となって行うべき~IBM「Innovate 2012」

2012年6月6日(水)

IBMは2012年6月3日、米オーランドで年次イベント「Innovate 2012」を開催した。ソフトウェア開発ツール「Rational」に関する最新技術や導入事例などを紹介する場で、ソフトウェア開発に携わるプログラマを中心に約4000人が詰め掛けた。ここでは、初日の基調講演の内容を紹介する。

基調講演では最初に、Rationalのマーケティング担当バイスプレジデントであるジーナ・プール氏が登壇。イノベーションの必要性について言及した。「企業を取り巻く環境が劇的に変化する中、いかにイノベーションを起こして競争力を高められるかが企業には求められる。そのためにはテクノロジに目を向け、どのように活用すればイノベーションを起こせるのかを考えなければならない」と訴えた。同社が企業のCEOを対象にしたアンケートでは、今後の経営戦略として何を重視するのかとの問いに対し、これまでは人材育成を求める声が多かったが、現在は「テクノロジ」と答えた割合が一番高かったという。

プール氏は、イノベーションにより企業の価値を向上するにはソフトウェアが大きな鍵を握ると指摘する。「銀行の中には、顧客がモバイル経由で取引できるソフトを提供し、企業の価値向上につなげるケースが見られる。このように、競合他社に先駆けてイノベーションを取り込み活用するには、いかにソフトウェアを迅速に開発して展開できるかが重要となる。しかし、ニーズに合致する強力なソフトウェアを開発できるのかという不確実性や、失敗によるリスクが懸念されるのも事実。そこでこうした課題を払拭するため、ソフトウェアに求める要件や品質などをコントロールできる環境を構築することが必要である」(プール氏)。

これを受けて登壇したRational部門ゼネラルマネージャのクリストフ・クレックナー氏は、そのための具体策としてソフトウェアの開発者と運用者の間にある溝を埋めることが急務であると説く。「社会のニーズに合わせて急いで開発したソフトウェアでも、きちんと稼動しないなどの問題だらけのソフトウェアでは運用者の負担が増すだけだ。両者が考えるソフトウェアのギャップをなくすため、組織や部署を横断するコラボレーションを強化することが先決である」と聴衆に訴えた。

IBMは、ソフトウェア開発におけるコラボレーションの必要性を以前から提唱してきた。今回のInnovateではこの考えをさらに進め、開発者と運用者が一体となってソフトウェア開発に着手すべきである点を強調した。これを具現化するコンセプトとして「DevOps」というキーワードを全面に打ち出した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

ソフトウェア開発は開発と運用が一体となって行うべき~IBM「Innovate 2012」IBMは2012年6月3日、米オーランドで年次イベント「Innovate 2012」を開催した。ソフトウェア開発ツール「Rational」に関する最新技術や導入事例などを紹介する場で、ソフトウェア開発に携わるプログラマを中心に約4000人が詰め掛けた。ここでは、初日の基調講演の内容を紹介する。

PAGE TOP