[市場動向]

相次ぐ買収でサービスの品揃えを強化~Salesforce.com

2012年6月19日(火)

相次ぐ買収でサービスの品揃えを強化 従量課金のDBもサービスイン Sales CloudやService Cloudといったサービスの利用企業に対してChatterを無料で提供するなど、企業がその顧客、製品サービスとソーシャル技術でつながる“ソーシャルエンタープライズ”の実現を目指している。Googleと同様に各サービスがAPIを備えている点に、外部との連携を重視していることがうかがえる。

その一方で同社は、積極的な買収戦略でサービスの品揃えを増やし続けている。過去の案件を振り返ると、「買収したものの既存製品の中での位置づけや統合に失敗して、お蔵入りさせてしまった」というケースはほとんどない。買い物上手といえるだろう。マーケティング本部プロダクトマーケティングシニアマネージャーの田崎純一郎氏は「ソーシャルエンタープライズの実現という明確なビジョンにはまるかどうかが、買収先の選定条件」と話す。

CRM
Sales Cloud Enterprise

見込み客や取引先情報などを一元管理する営業支援プラットフォーム

主な機能
  • 顧客管理
  • Chatter
  • コンテンツライブラリ
  • レコードへのドキュメント添付
  • Outlook、Google Apps連携
  • モバイルアクセス
  • レポート
  • ダッシュボード
  • リード管理
  • AppExchangeアプリケーションの利用
  • 商談管理
  • 代理店との情報共有
  • キャンペーン管理
  • 顧客向けオンラインコミュニティ
  • メールの一括送信
  • オフラインアクセス
  • ワークフロー/承認
  • サンドボックス

【月額利用料金】 1ユーザーあたり1万5000円(データ容量20MBを含む)。データ容量やカスタムアプリケーション数を抑えた下位版、アプリケーションを無制限に開発できる上位版がある

カスタマーサービス
Service Cloud Enterprise

コンタクトセンターやオンラインフォーラムで得た情報を集約。共有する

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

相次ぐ買収でサービスの品揃えを強化~Salesforce.com相次ぐ買収でサービスの品揃えを強化 従量課金のDBもサービスイン Sales CloudやService Cloudといったサービスの利用企業に対してChatterを無料で提供するなど、企業がその顧客、製品サービスとソーシャル技術でつながる“ソーシャルエンタープライズ”の実現を目指している。Googleと同様に各サービスがAPIを備えている点に、外部との連携を重視していることがうかがえる。

PAGE TOP