[新製品・サービス]

EMC、クラウド事業者向けの支援プログラムを発表

2012年7月20日(金)

EMCジャパンは2012年7月19日、クラウド事業者向けのパートナー支援プログラム「EMC Velocity サービス・プロバイダ・パートナー・プログラム」を発表した。

同社のハードウェア製品を使ったクラウドサービスを提供する事業者が対象。再販売パートナーにプログラム加入企業のサービス販売を推奨したり、新規サービスを開発する際に技術的なサポートを提供したりする。一定の基準を満たしたサービスには「EMC Powered Service」のロゴ利用を認める。また、製品の利用状況に応じて製品代金を回収する従量課金など、複数の金融面の優遇策も含む。

同社は、これまで再販売パートナー向けの支援プログラムを用意してきたが、EMC Velocity サービス・プロバイダ・パートナー・プログラムは、そのクラウド事業者版にあたる。プログラム参加の条件は、「高品質なクラウドサービスを提供していること」(EMCの山野修代表取締役社長)など。海外では2年前から開始しており、50社程度が加入している。国内では、同日プログラム加入の契約を締結したインターネットイニシアティブが第1号となった。

関連記事

EMC、クラウド事業者向けの支援プログラムを発表EMCジャパンは2012年7月19日、クラウド事業者向けのパートナー支援プログラム「EMC Velocity サービス・プロバイダ・パートナー・プログラム」を発表した。

PAGE TOP