[新製品・サービス]

レッドハット、「JBoss Enterprise Application Platform 6.0」の提供を開始

2012年8月1日(水)

レッドハットは2012年7月31日、Javaアプリケーションサーバーの新版「JBoss Enterprise Application Platform 6.0(以下、JBoss EAP 6.0)」の提供を開始した。

最新版は、(1)仮想化、クラウド環境への適応、(2)運用管理機能の強化、(3)Java EE6への対応などを行った。

  • 仮想環境やクラウド環境への適応
    CPUやメモリーなどのシステムリソースを効率的に利用するようにした。仮想化やクラウド環境では物理サーバーのリソースの使用率が高まる。これまでは、リソースをふんだんに使用できることを前提としてきたが、他のサーバーなどに影響を及ぼさないよう、限られたリソースで稼働するようにした。簡単なアプリケーションであれば50MBでも動作する。また、サーバーの起動時間を短縮。システムを素早くスケールアウトできるようにした。
  • 運用管理機能の向上
    新しいドメイン管理の概念を導入。アプリケーションサーバの運用管理を支援する。また、コマンドラインインターフェースを刷新。細かい設定や処理の自動化を実現できるようした。同時にリリースされるJBoss Operations Network 3.1を併用すると、アプリケーションサーバの状態を監視するモニタリング、アラート通知機能を利用できる。
  • Java EE6への対応
    CDI(Context Dependency and Injection)や、JAX-RSをサポートするRESTfullサービスなど、Java EE6の新機能を利用できるようにした。同日、リリースした開発ツール「JBoss Developer Studio 5.0」もJava EE6の新機能を使ったアプリケーション開発に対応した。

製品提供、テクニカルサポート、アップグレード、修正プログラムを含む年額サブスクリプションは、16CPUコアあたり85万8000円から(税別)。

IT Leadersでは、特別企画「アプリケーション基盤の新標準~真の"クラウド対応"に求められる要件を探る」を公開しています。ぜひご覧ください。
関連記事

レッドハット、「JBoss Enterprise Application Platform 6.0」の提供を開始レッドハットは2012年7月31日、Javaアプリケーションサーバーの新版「JBoss Enterprise Application Platform 6.0(以下、JBoss EAP 6.0)」の提供を開始した。

PAGE TOP