ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[技術解説]

減らないスパム、不要なCC、膨れ上がるメールボックス…メールに“使われない”働き方を考える

Part1 総論

2012年8月6日(月)

企業におけるコミュニケーションの中核がメールであることに異論はないだろう。だが、果たしてそれだけでよいのか。メールの弱みを補完し、社員同士や取引先との情報共有や協働作業をさらなる高みに引き上げるポテンシャルを持つ技術が続々と現れている。 力竹 尚子/折川 忠弘(編集部)

「自分は、3年も電子メールを使っていない。電子メールのスピード感、CC(カーボンコピー)機能が仕事に合わないからだ」。仏IT大手であるAtos Originのティエリー・ブルトンCEOは、2011年11月28日付けの米Wall Street Journal紙でこう述べた。

同じくIT企業の米IBM。今年1月、同社初の女性CEOに就いたバージニア・ロメッティ氏は就任直後、前任のサミュエル・パルミサーノ氏と違うことをして話題をまいた。パルミサーノ氏は全社員に一斉同報メールを送ることで知られていたが、ロメッティ氏は自らが語るビデオを撮影し、それを社内のソーシャルネットワーク「Connections」で公開したのだ。

さて、こうしたトップ2人の行動を、あなたはどう思うか。

メールが登場したのは1990年代初頭のこと。「電話と異なり、相手の仕事や思考を中断させない。受け手は自分の都合のよいときに読み、返信できる」という非同期型ならではの特性と、同じ非同期型コミュニケーションであるファクシミリよりも手軽な点が受け、一気に普及した。以来、企業におけるコミュニケーションの中核を担うツールであり続けてきた。こんなことを言うまでもなく、今や企業にとって、そこで働く人々にとって、欠かせない道具になった。いささか大げさにいえば、日常業務の土台であり、基盤になっている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

減らないスパム、不要なCC、膨れ上がるメールボックス…メールに“使われない”働き方を考える企業におけるコミュニケーションの中核がメールであることに異論はないだろう。だが、果たしてそれだけでよいのか。メールの弱みを補完し、社員同士や取引先との情報共有や協働作業をさらなる高みに引き上げるポテンシャルを持つ技術が続々と現れている。 力竹 尚子/折川 忠弘(編集部)

PAGE TOP