[製品サーベイ]

主要ベンダーが分散キー・バリューストア市場に参入

2012年8月21日(火)

分散キー・バリューストア 大量のデータを扱うWebサービス事業者たちが生み出した「分散キー・バリューストア」。オープンソースとして公開されているものだけでも、その数は優に数十を超える。最近では、RDBを補完する手段として、企業向け製品を投入するベンダーも増えてきた。

数十テラバイトを超えるデータを格納したい、あるいは、1日あたり数億件単位で押し寄せるデータアクセスを高速に捌きたい。そうしたニーズに直面したWebサービス事業者が選んだのは、性能やコストなど、自社の要件に合う新しいデータベースを開発するという道だった。Googleの「Bigtable」や、Amazonの「Dynamo(ダイナモ)」などを筆頭に、Facebookの「Cassandra(カサンドラ)」や、楽天の「ROMA(ローマ)」など、さまざまな企業が後に続いた。RDBと異なるアーキテクチャを持つことから、「NoSQL(Not Only SQLの略)」と呼ばれ、多くがオープンソースとして公開されている。中でも最もソフトの数が多いのが、「分散キー・バリューストア(分散KVS)」である。

RDBよりも安価に大量のデータを保管できる。こうした特性は、一般の企業が抱える問題の解決にも役立つはずだ。例えば、コストの都合で破棄していたPOSデータやWebログを保管する。あるいは、法制度対応などの理由で保持するデータの保管コストを下げるといった使い方が考えられる。

一般企業でのニーズが増えることを見込んだ大手ベンダーが、自社のポートフォリオに分散KVSを組み込む動きも出てきている。例えば、日立製作所は2012年2月、インメモリー型の分散KVSとも言うべき「uCosminexus Elastic Application Data store(EADs)」をリリースした。同社が想定する用途の1つがM2Mである。「センサーデータのように、大量、かつ高頻度で発生するデータはRDBが苦手な分野。一旦、EADsがデータを引き受けて、バックエンドでRDBに書き出す」(日立製作所の梅田多一主任技師)。今回は、分散KVSの仕組みをおさらいしよう。

単純なデータモデル
シンプルな機能

分散KVSの最大の特徴は、シンプルなデータモデルだ。値(データ)と、それを識別するためのキーのペアからなる。値を取り出したり、変更したりする際はキーを指定する。値には、文字列だけでなく、XML文書や画像どのバイナリデータも格納できる。RDBのように、複数の列を持つテーブルは基本的に定義できないが、一部のソフトでは、1つのキーに対して、キーと値のペアのリストを紐づけられる。例えば、製品名というキーの下に、製品名や製品コード、価格など、複数のサブキーを保持できる。一般的な分散KVSと区別して、「カラム指向型データベース」などの呼称で分類される場合もある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

主要ベンダーが分散キー・バリューストア市場に参入分散キー・バリューストア 大量のデータを扱うWebサービス事業者たちが生み出した「分散キー・バリューストア」。オープンソースとして公開されているものだけでも、その数は優に数十を超える。最近では、RDBを補完する手段として、企業向け製品を投入するベンダーも増えてきた。

PAGE TOP