[マーケティング志向で行こう!]

じわりと啓蒙、少しずつ理解を深めてもらう「ナーチャリング」

2012年8月31日(金)

マーケティングの仕事には、見込み客を見つけて、その情報を営業に引きわたす活動があります。

それは営業の仕事では?

確かに、相手が興味を持っているか否かに関係なく電話して感触を探る「コールドコール」や、直接訪問する飛び込み営業のように、営業による見込み客の発掘活動はあります。しかし、これらは非常に効率が悪いのです。

見ず知らずの営業がいきなり訪ねてきたら、どうでしょう。それだけで相手が引いてしまう可能性があります。興味の有無にかかわらず訪問や電話をするとなれば、担当者が何人いても足りません。そもそも繰り返し門前払いされたら営業の気が萎えてしまい、仕事の効率が上がるとはとても思えません。

そこで営業の「前工程」をマーケティングが担当するのです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
マーケティング志向で行こう!一覧へ
関連記事

じわりと啓蒙、少しずつ理解を深めてもらう「ナーチャリング」マーケティングの仕事には、見込み客を見つけて、その情報を営業に引きわたす活動があります。

PAGE TOP