[技術解説]

【Part5】ネットワーク仮想化や管理システムの強化で進化するクラウドインフラ

2012年9月25日(火)栗原 雅(IT Leaders編集部)

IIJ GIOを支える技術 多くのIT先進企業がすでに本格利用に乗り出していることからも明らかなように クラウドは現時点でも十分に実用に耐えられる技術レベルに到達している。 だが、ユーザー企業が一層のメリットを享受するうえで課題がないわけではない。 パート5では、クラウドの進化の行方を見通す意味でIIJ GIOを支える技術を解説する。

クラウドは今、より大きな利益をユーザー企業にもたらすべく、進化のピッチをさらに速めつつある。今後のクラウドの行方を占うべく、IIJ GIOを支える大きく2つの技術動向を整理しておこう。1つは、ネットワーク構成の柔軟性を高めるネットワーク仮想化の技術。2つめは、安価なクラウド運用を可能にするコンテナ型のデータセンターである。

ネットワーク仮想化
「SDN」をIIJ GIOに実装へ

何より注視しておきたいのが、ネットワーク仮想化の技術動向だ。2012年7月、米ヴイエムウェアが同技術の有力ベンチャーである米ニシラの買収に12億ドル以上を投じると発表して話題になったのは、まだ記憶に新しい。その3カ月前の4月には、IIJとACCESSが合弁会社ストラトスフィアを設立。ネットワーク仮想化の技術開発に本格的に乗り出した。

サーバーとストレージの仮想化技術が進歩したことで、ハードウェアリソースを論理的に分割し容易に仮想サーバーに割り当てられるようになった。仮想環境と物理環境の統合管理やリソース管理/割り当ての自動化など、運用の効率化も進んだ。こうした技術の発展が現在までクラウドの成長をけん引してきた。

ところが、ユーザー企業のクラウド利用が広がるにつれて、積み残してきた課題を無視できなくなってきた。それがネットワークの仮想化である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

【Part5】ネットワーク仮想化や管理システムの強化で進化するクラウドインフラIIJ GIOを支える技術 多くのIT先進企業がすでに本格利用に乗り出していることからも明らかなように クラウドは現時点でも十分に実用に耐えられる技術レベルに到達している。 だが、ユーザー企業が一層のメリットを享受するうえで課題がないわけではない。 パート5では、クラウドの進化の行方を見通す意味でIIJ GIOを支える技術を解説する。

PAGE TOP