CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

ハーバード流交渉術〜楽天、景山氏が選ぶ三冊

2012年9月21日(金)

忙しくてなかなか時間が割けないのですが、それでも週に1度は大型書店に足を運ぶように努めています。週刊誌、ビジネス書、小説といったコーナーを順に巡って新刊をチェックするのが毎度のパターンかな。

ハーバード流交渉術ハーバード流交渉術
必ず「望む結果」を引き出せる!

R・フィッシャー/W・ユーリー著、岩瀬 大輔 訳
ISBN: 978-4837957324
三笠書房
1365円

書店って、世のトレンドや関心事が凝縮された空間だと思うんですよ。今はどんな時代なのか。例えば週刊誌の表紙に踊るタイトルを眺めて回るだけでもかなり勉強になりますね。

気になる本があると手に取って導入部を読んでみるんですが、すぐ没頭してしまうタチなのか、気が付くと半分以上ページを繰っていることもあります。時計を見ると数時間経っていてビックリなんてこともざらですよ。で、先が気になる場合は購入して、家で読破するってわけです。

小説からノウハウ本、そして漫画に至るまでジャンルを問わずに乱読します。そんな中から、私なりに役立っていたり、印象に残っていたりする作品を思い起こしてみました。

まずは「ハーバード流交渉術」。まだ社会人になって間もない頃のことです。大手ITベンダーでマーケティング関連の仕事に就いていたいたんですが、先輩が同行してくれたのも最初の一定期間のみで、やがて単独で様々な交渉の場に駆り出されるようになりました。そんな時、どう行動すべきかを学ぼうと思って当時話題になっていた本を手に取ったんです。その後、ロングセラーになり、今では新訳本や文庫本も手に入るようになりました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

ハーバード流交渉術〜楽天、景山氏が選ぶ三冊忙しくてなかなか時間が割けないのですが、それでも週に1度は大型書店に足を運ぶように努めています。週刊誌、ビジネス書、小説といったコーナーを順に巡って新刊をチェックするのが毎度のパターンかな。

PAGE TOP