[新製品・サービス]

【OOW 2012】基調講演2:クラウドにあらためてフォーカスしたオラクルの勝算~ラリー・エリソンCEO

2012年10月9日(火)

米サンフランシスコで9月30日から10月4日の5日間に渡り開催されたオラクルの年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2012」では、マルチテナンシー機能を実装したOracle Database 12cや、インメモリーマシンに進化したExadata X3、データセンターの内側に構築できるプライベートクラウドのOracle Private Cloudなど、いくつもの新発表が行われた。これらに共通するのはクラウド、わけてもプライベートクラウドを構築し活用するための機能が大きく強化されている点だ。

そして今回のOOW 2012において、ラリー・エリソンCEOはIaaS市場への参入を正式に発表した。オラクルはこれにより、SaaS、PaaS、IaaSの3つのレイヤでビジネスを展開するクラウドサービス事業者となる。製品とサービスの両面から企業のクラウド移行を支援するという、強いコーポレートメッセージがそこには見える。

写真 会場に熱く語りかけるラリー・エリソンCEO

なぜオラクルはいまになってクラウドを全面に押し出そうとしているのか。10月2日に行われたエリソンCEOの2回目の基調講演から、オラクルが新たに打ち出したクラウド戦略を分析してみたい。

オラクルのクラウドは「顧客に選択肢を」がテーマ

ERP、CRM、HCMなどをラインナップにもつオラクルの業務アプリケーション群「Oracle Fusion Applications」はオンプレミスとパブリッククラウド(SaaS)の両方で提供されている。そして最近の傾向として、顧客が徐々にオンプレミスからクラウドに移行しつつあるとエリソンCEOは指摘する。一方で、クラウドで動かしていたアプリケーションをオンプレミスに移行したいというニーズも少なくないというが、エリソンCEOは「オラクルは顧客が置きたいところにデータを置ける。オンプレミスとクラウドの間を自由に行き来できる技術をもっているのはオラクルだけ。Salesforce.comには無理」とライバルの名を挙げながら、クラウド事業者としての優位性を強調する。

オラクルの自信の根拠となっているのは、OS、ミドルウェア、データベース、アプリケーションからハードウェアに至るまで、プラットフォームとインフラのすべてをオラクルソリューションで提供できるという点だ。オラクルクラウドの基盤はすべてEngineered Systemsを中心とする同社の製品で構築されている。自社での技術開発と戦略的な買収という2つの方針を掲げ、Best-in-Classな環境を構築するためのポートフォリオを充実させてきたオラクルだが、SaaSにしろ、今回発表されたIaaSにしろ、市場参入の時期が競合他社に比較して遅すぎるのではという批判がある。これに対しエリソンCEOは「サービスインするまでの期間は正直苦しいが、成熟した技術で構築したプラットフォームで提供されるクラウドサービスの質の高さに顧客は満足している」と反論する。Web業界などで流行りのローンチ&イテレートという概念とは逆に、自社製品で作り込んだプラットフォームのクオリティの高さが担保できるまでは、サービスインしないというわけだ。

 

運用に関しても製品ポートフォリオと同様、多彩なメニューが並んでいるのもオラクルクラウドの大きな特徴だ。オラクルによるホスティングだけでなく、顧客自身による管理も可能だ。「顧客に選択肢を提供する」はオラクルのトップがよく口にするフレーズだが、顧客が求める製品を求める方法で提供できるだけのオファリングを揃えることは、自社プラットフォームへのこだわりと同様、オラクルの重要な戦略である。加えてOOW 2012ではパートナー向けに「Oracle Cloud Partner Program」の提供開始を発表している。これによりユーザは信頼するISV事業者やクラウド事業者からオラクルクラウドを基盤にカスタマイズされたクラウド環境を手にできるようになる(日本での同プログラムの適用は未定)。オラクルがいうところのクラウドにおける顧客の選択肢がまたひとつ増えたことになる。

こうした戦略の正しさを証明する例として、エリソンCEOはいくつかのクラウド導入事例を挙げている。

  • Red Robin(ファストフードチェーン) … Oracle Hosted ServiceでFusion ERP、Fusion SCM、Fusion HCMを利用。100店舗において人件費と食材コストの削減と最適な人材登用を実現
  • UBS(金融) … Oracle HCM Cloud ServiceでFusion Core HR、Fusion Talent Managementを利用。人材の見える化と最適化を改善。ツールでタレントマネジメントを統合したいというニーズに適合
  • KLM Royal Dutch Airlines(航空) … Oracle Customer Service and Support Cloud ServiceでRightNow Intent Guide、RightNow Website Search Overlayを利用。顧客サービスのオンライン対応が年間30%増加し、コールセンターの規模を3カ月で18%低減、顧客対応のレベルが大幅に向上

業種業界を問わず多くのグローバルカンパニーで利用されていることがうかがえる。とくにRightNowやTaleoなど、ここ1、2年で買収したクラウド企業の採用例が目立つ。人材管理や顧客サービスなどSaaSオファリングの拡充は、ある分野に特化した企業の買収が戦略の中心となりそうだ。

ソーシャルとビッグデータ、キーファクタはインメモリー

今回、クラウドの強化に伴ってオラクルが強調しているメッセージのひとつが、クラウドを基盤としたソーシャルとビッグデータへの取り組みだ。ソーシャルもビッグデータも、クラウドによってその存在感を急速に高めたトレンドである。同時にクラウドに力を入れるオラクルがこの2つを避けて通ることはできない。

エリソンCEOは、Fusion Applicationsのすべてにソーシャル機能を実装したとしている。つまりOracleのSaaSアプリケーションすべてでソーシャル機能が利用できることになる。企業がソーシャルメディアをビジネスで利用するには、従業員どうしやプロジェクト関係者のコラボレーションを中心とする社内向けソーシャルと、顧客や一般消費者のソーシャルでの声をすくい上げて分析する社外向けソーシャルの両方を考慮する必要があるが、そのためのソリューションとして「Oracle Social Relationship Management Platform」というスイートが提供されており、以下の製品が含まれる。

  • Oracle Social Network … エンタープライズのためのセキュアなソーシャルネットワーキングを提供する
  • Oracle Social Data and Insight … FacebookやTwitterなど外部のソーシャルメディアの情報を分析する
  • Oracle Social Engagement and Monitoring … 顧客がソーシャル上で自社製品についてどんな発言をしているかなどを自動で検知し、正しいアクションにつなげる
  • Oracle Social Marketing … Facebook、Twitter、Google+などをマーケティング基盤に統合する

ここで目を引くのは、FacebookやTwitterといった一般的なソーシャルメディアとの連携に注力している点だ。周知の通り、こうしたグローバルレベルで膨大な数のユーザを抱えるソーシャルメディアから発信される情報は、ストリームデータとして止まることなく流れていく。当然、正規化することが難しい非構造化データばかりだ。だがスピードが求められる現在においては、データを大量に蓄積してから時間をかけて分析するよりも、リアルタイムにデータアナリシスを行いたいというニーズが大きい。

オラクルは、フラグシップマシンであるExadataをインメモリマシンとしてバージョンアップし、同社のソーシャルおよびビッグデータ分析の方向性として"リアルタイム"を重視する姿勢を今回明確にしている。エリソンCEOも基調講演において「ビッグデータというとバッチ処理の高速化やHadoopのMapReduceの話ばかりになるが、オラクルは違う。インメモリこそビッグデータ活用の中心だ」と発言しており、インメモリを活かしたリアルタイムソリューションが今後の同社の戦略における重要なキーファクタになると見ていいだろう。

基調講演の最後、エリソンCEOは自ら壇上でビッグデータアナリシスのデモンストレーションを行った。ここでメインのソリューションとして取り上げられたのがEndecaである。構造化データに加え、非構造化データの検索/分析にすぐれたソリューションで、買収した独Endecaの技術をオラクルブランドの下であらためて市場に投入した製品だ。デモの内容は、49億のツイートから、レクサスをプロモーションするのに最も適したオリンピックアスリートを検索するというもの。Endecaは最近、Engineered Systemsのひとつであるリアルタイム分析マシンのExalyticsとの連携が可能になっている。今回のデモにおいてもEndecaをエンジンとして、Exalytics上でリアルタイムに分析処理が行われた。ツイートの内容、リツイート数、メンション、ハッシュタグなどさまざまなスコープを通して分析を行った結果、水泳のマイケル・フェルプスを破り、体操女子で個人総合で金メダルを獲得したガブリエル・ダグラス選手が、レクサスのプロモーションに最適な人物として選ばれた。インメモリマシンでの高速リアルタイム分析が「世界を変える」可能性を十分に示したといえる。

***

クラウド、ソーシャル、ビッグデータ、これにモバイルを含め、最近のITメガベンダはどこもこれらのトレンドを自社の注力分野として声高に叫んでいる。IBMやSAP、マイクロソフトといった強力なライバルがひしめき合う中、オラクルは戦略として徹底した自社製品によるクラウドスタックの構築を選んだ。これを1社によるロックインと呼ぶ向きもあるが、エリソンCEOは「オラクルは標準技術を使うことを徹底しており、ロックインは断じてない。プロプライエタリではなくオープンであることは最も重要な開発方針」と強く否定する。

クラウドでは後発とも言えるオラクルが、ソーシャルとビッグデータとともに、どれだけ市場で優位性を発揮することができるのか。エリソンCEOは、SaaSではSalesforce.comが、IaaSではAmazon Web Servivesが直接の競合だと明言しており、「決してIBMではない」とも強調する。だが逆に、おそらく当面の競合として似たような製品ポートフォリオを抱えるIBMを強く意識していることは間違いないだろう。まずはIBMとの競争がどういう展開になるのか。今後のクラウド市場の動向を占うひとつのインジケータとして見ていきたい。

(五味明子=フリーITジャーナリスト)

【OOW 2012】基調講演2:クラウドにあらためてフォーカスしたオラクルの勝算~ラリー・エリソンCEO米サンフランシスコで9月30日から10月4日の5日間に渡り開催されたオラクルの年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2012」では、マルチテナンシー機能を実装したOracle Database 12cや、インメモリーマシンに進化したExadata X3、データセンターの内側に構築できるプライベートクラウドのOracle Private Cloudなど、いくつもの新発表が行われた。これらに共通するのはクラウド、わけてもプライベートクラウドを構築し活用するための機能が大きく強化されている点だ。

PAGE TOP