[海外動向]

機器をソフトウェア制御するSDNを推進 次代のネットワークを見据えた製品戦略打ち出す

2012年10月15日(月)

Brocade Analyst and Technology Day 2012 2012年9月2日:米サンノゼ/ブロケード コミュニケーションズ システムズ ブロケード コミュニケーションズ システムズは2012 年9 月12 日、米国本社で記者やアナリスト向けのイベントを開催した。現行のネットワーク環境の課題を解決する手段として、昨今注目を集める「Software Defined Network(SDN)」と同社が推奨する「Ethernet Fabric」が必要であることを提起した。

米サンノゼにある本社ビル
写真1 米サンノゼにある本社ビル。近くにはシスコシステムズやフォース10(デル)といったネットワークベンダーの本社がある

ネットワーク機器をソフトウェアによって制御する「SDN」。この新たな潮流に対し、ブロケードはいかなる戦略を持って臨むのか。同社はSDN 指向の製品戦略をすでに打ち出しているが、今年のイベントではSDNに注力することを改めて強調するとともに、独自技術である「Ethernet Fabric」との連携こそが不可欠だと声高に訴えた。

次代のネットワークを見据え
柔軟性とシンプル性を訴求

朝9時から始まったゼネラルセッションには、約120人の記者やアナリストが参加。登壇したCTOのデイブ・スティーブンス氏は、SDN やEthernet Fabricが必要となる背景を次のように述べた。「社会のニーズが多様化する中、トラフィックを予測するのは困難になりつつある。20年前に構築したネットワークのアーキテクチャでは、こうした変化に追従できない。そこで、日々異なるトラフィックに適応する能力を備えつつ、これまでのように管理が複雑にならないネットワークが次代には求められる。これら要件を満たす鍵となるのがSDNとEthernet Fabricだ」。

SDNはネットワーク機器が実施していた経路や帯域の制御をソフトウェアで集中管理しようという考え方である。これを具現化する技術の1つが「Open-Flow」で、ブロケードは早くから検証実験を進め、実用化に向け取り組んできた。「OpenFlowを用いれば、スイッチやファイアウォール、ロードバランサなどの物理機器を再配置することなく、画面上で定義するだけで必要なネットワーク環境を構築できる。トラフィックの変動に迅速かつ柔軟に対処するのに有効だ」(アプリエケーションサービスプロバイダ担当バイスプレジデント ケン・チェン氏)。

ただしOpenFlowの場合、どういった経路でデータを転送するのかをあらかじめ定義しておく必要がある。「Open -Flowでネットワークを設計するのは必ずしも容易ではない。そもそもデータがどんな経路を通っているのかを知る必要はない。そこで、ネットワークの設計作業を不要とし、自律的にネットワークを構築できるEthernet Fabricが活きる」(チェン氏)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

機器をソフトウェア制御するSDNを推進 次代のネットワークを見据えた製品戦略打ち出すBrocade Analyst and Technology Day 2012 2012年9月2日:米サンノゼ/ブロケード コミュニケーションズ システムズ ブロケード コミュニケーションズ システムズは2012 年9 月12 日、米国本社で記者やアナリスト向けのイベントを開催した。現行のネットワーク環境の課題を解決する手段として、昨今注目を集める「Software Defined Network(SDN)」と同社が推奨する「Ethernet Fabric」が必要であることを提起した。

PAGE TOP