[イベントレポート]

【PARTNERS 2012】「このビッグデータ時代、意思決定を最適化しうる当社には追い風が吹いている」〜マイク・コーラーCEO

2012年10月23日(火)

2012年10月21日〜25日の日程で、テラデータユーザーによる年次カンファレンス、「2012 Teradeta PARTNERS User Group Conference & Expo」が2米ワシントンDCで開催されている。まずは基調講演のトピックをお届けする。

「DECISION POSSIBLE」。つまりは、情報システムに集約・蓄積するデータから知見を導き、的確な意思決定に結びつけようというのがPARTNERS 2012のキーメッセージだ。ユーザー主導によるイベントという性格だが、もちろんテラデータ自身も最大限にコミットしており、最新の戦略やソリューションが来場者に向けて提示される。10月22日の8時45分からはキーノートの位置づけで「オープニング/ゼネラルセッション」が開催され、広大な会場は朝早い時間帯から熱気につつまれた。

テラデータの首脳陣として、まずステージに上がったのがCEOのマイク・コーラー氏である。冒頭、世界各国から3800人以上の来場者を迎えたことに感謝の意を表しつつ、昨今の好業績をアピール。2012年度第1四半期の売上が6億1300万ドル(前年同期比で21%増加)に達したことや、顧客数、従業員数ともに5年前に比べて順調に伸びているといった指標を示した。

基調講演の壇上に立つテラデータのマイク・コーラーCEO

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【PARTNERS 2012】「このビッグデータ時代、意思決定を最適化しうる当社には追い風が吹いている」〜マイク・コーラーCEO2012年10月21日〜25日の日程で、テラデータユーザーによる年次カンファレンス、「2012 Teradeta PARTNERS User Group Conference & Expo」が2米ワシントンDCで開催されている。まずは基調講演のトピックをお届けする。

PAGE TOP