[製品サーベイ]

音声認識ソリューション 認識精度の向上で実用段階に入った音声認識技術

2012年10月30日(火)

音声認識ソリューション 音響モデルや言語モデルといった要素技術の進歩、CPUやメモリーなどのハードウェア性能の向上、ネットワーク環境の整備などが相まって、企業ITの分野でも音声認識技術がこの1〜2年で急速に注目を集めている。最新動向を追った。

「この1年で引き合いの数が10倍になった」。これは音声認識を使ったソリューションを展開する、あるベンダー幹部の言葉である。事実、業務システムに音声認識技術を採用したというリリースがこのところ目立っている。

例えば、三井生命はコールセンターの新システムに採用した。オペレータと顧客の会話音声を随時テキスト化、話題に応じてディスプレイに関連情報を表示し、オペレータをサポートする仕組みを構築した。2012年8月から本格稼働を開始している。

泉州池田銀行も同月、営業担当者に配布するスマートフォンに、音声入力対応の業務日報アプリを導入した。同行の営業担当者が、社外に持ち出せるデバイスはスマートフォンのみ。煩わしいタッチ操作ではなく、声で文章を入力できるようにすることで、現場の業務進捗をスピーディーに把握できるようにした。

少し変わったところでは、コカコーラが8月中旬から開始した販売促進キャンペーンに採用した。消費者がTVCMの音声を専用のスマートフォンアプリに認識させると、特別なゲームをプレイできるというもの。「対象のCMを確実に見た」ことを裏付けるための工夫だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

音声認識ソリューション 認識精度の向上で実用段階に入った音声認識技術音声認識ソリューション 音響モデルや言語モデルといった要素技術の進歩、CPUやメモリーなどのハードウェア性能の向上、ネットワーク環境の整備などが相まって、企業ITの分野でも音声認識技術がこの1〜2年で急速に注目を集めている。最新動向を追った。

PAGE TOP