[技術解説]

OpenFlowはいかにしてネットワークの課題を解決するか

2012年11月28日(水)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

VLANが直面する“壁”を越え リソース活用を最大化する ネットワーク仮想化の大きなトレンドとなりつつある「SDN」。 ネットワークの課題に対し、SDNはどのような解を示すのか。Part3では現状の課題を整理し、SDNを具現化する技術である OpenFlowのメリットを解説する。折川 忠弘(編集部)

ットワークの領域における仮想化の適用は、サーバーに比べて遅れをとっていた。今なお物理機器の構成や設定に直接的に依存する仕組みでは、利用効率や運用負荷といった諸問題を抜本的に改善できない。

しかしここに来て解決の糸口をつかむ動きが活発化している。それが、ソフトウェアによってネットワークを制御する「SDN」という考え方である。

現在のネットワーク環境は具体的にどんな課題を抱え、SDNとそれを具現化する技術であるOpenFlowはどのようなアプローチで解決を試みるのか。改めて整理しよう。

サーバー仮想化が課題を顕在化させる

物理的なネットワークが社内の隅々まで行き渡り、サーバー、ストレージ、PCなどそれにつながる機器も急増した。スループットの確保やセキュリティ上の問題を解決するためにネットワークを論理的に区分けして利用する方法が模索された。それがVLANである。いささか対処療法的な側面もあるが、それまでのIT環境に照らせば理にかなったアプローチでもあった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

SDN / OpenFlow

関連記事

OpenFlowはいかにしてネットワークの課題を解決するかVLANが直面する“壁”を越え リソース活用を最大化する ネットワーク仮想化の大きなトレンドとなりつつある「SDN」。 ネットワークの課題に対し、SDNはどのような解を示すのか。Part3では現状の課題を整理し、SDNを具現化する技術である OpenFlowのメリットを解説する。折川 忠弘(編集部)

PAGE TOP