[技術解説]

CloudStack、OpenStack、Eucalyptus・・・、今さら聞けないクラウドOSの仕組み

2012年11月29日(木)

クラウドの構築/運用を支援 機能拡充進めるOSSが台頭 サーバーやストレージなどのリソースを集中管理し、 迅速にこれらを利用可能にするクラウドOSへの関心が高まっている。 オープンソースを中心に製品が出揃うが、 具体的にどのような機能を備えているのか。主要3製品の特徴をまとめた。折川 忠弘(編集部)

イパーバイザー(仮想化ソフト)を使ったとしても、簡単に仮想マシンを調達できるようになるわけではない。だができることなら、例えばweb画面から「プロセサ0.5個分、メモリー2GB、ストレージ500GB」などとメニューを選択し、即座に仮想マシンを立ち上げたい−。こんなニーズを具現化するのが、「クラウドOS」と呼ばれるソフトウェアである。

クラウドOSはハイパーバイザーと連携し、プロセサやメモリー、ストレージ、ネットワーク環境などを、簡単な操作で調達できるようにする。名前の通り、クラウドの先駆者であるアマゾン ウェブ サービス(AWS)ライクなIaaSを提供したいクラウド事業者向けのソフトだ。

しかし当然、企業がプライベートクラウドを構築する際にも利用できるし、利用すればメリットも生まれる。外部のクラウド事業者と同じクラウドOSを使ってプライベートクラウドを構築すれば、自社のシステム資源が不足した場合に、外部のクラウド事業者のそれを利用しやすくなるのがその代表例だ。いわゆる“ハイブリッドクラウド”を構築できるようになる。

以下では代表的なクラウドOSである「CloudStack」「OpenStack」「Eucalyptus」を概説する。各ソフトの構成要素を表4-1〜4-3にまとめた。サーバーやストレージのリソースを仮想マシンにどの程度割り当てるのかといった機能や、仮想マシンのイメージを管理する機能はどのソフトも備えており、大きな機能差はない。いずれもオープンソースソフトとして入手できる(有償版もある)。一方、IaaSを構築/運用するのに必要な機能をすべて網羅しているわけではない。例えば課金やヘルプデスクなどは現状備えていない。必要なら独自に開発したり該当する機能を備えたソフトを調達する必要がある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

CloudStack、OpenStack、Eucalyptus・・・、今さら聞けないクラウドOSの仕組みクラウドの構築/運用を支援 機能拡充進めるOSSが台頭 サーバーやストレージなどのリソースを集中管理し、 迅速にこれらを利用可能にするクラウドOSへの関心が高まっている。 オープンソースを中心に製品が出揃うが、 具体的にどのような機能を備えているのか。主要3製品の特徴をまとめた。折川 忠弘(編集部)

PAGE TOP