アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[製品サーベイ]

マイクロソフトがOfficeの次期バージョンで目指すもの

マイクロソフト次期Office

2012年11月26日(月)力竹 尚子(IT Leaders編集部)

データだけでなく、ソフトウェアもクラウドへ─。マイクロソフトが自社の旗艦製品であるOfficeの次期バージョンで目指すのは、“パーソナルクラウド”の実現だ。そのために、どのような機能を追加するのか。実像に迫る。

すでにプレビュー版がリリースされている次期Offceクライアントスイート。「ユーザーインタフェースがタッチデバイスに対応することを除けば、現行バージョンとそうは変わらないのでは」「Officeと同等の機能を持つソフトが増えている。Office 2010を利用しているが、コストを考えるとこのままバージョンアップし続けるのは正しい選択ではないのでは」。こんな疑念を持つ人もいるかもしれない。

だが本当にそうなのか。単に少しUIが変わり、一部の機能が追加されただけなのだろうか。ここでは、マイクロソフトが次期Officeによって何を実現しようとしているかを見ていく。

データを標準でクラウド格納
どこからでもアクセス可能に

Officeは、WordやExcelに代表されるクライアントソフトや、Exchange Server、SharePoint Server、Lync Serverといったサーバーソフトを構成要素とする製品群の呼称。

次期Officeにおいて、マイクロソフトは3種類の企業向けクライアントスイートを提供する(表1)。「Office Home and Business 2013」「Office Professional 2013」の2種は現行のOffice 2010の後継。過去路線の延長線上に位置づけてよいだろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連キーワード

Microsoft / Office

関連記事

マイクロソフトがOfficeの次期バージョンで目指すものデータだけでなく、ソフトウェアもクラウドへ─。マイクロソフトが自社の旗艦製品であるOfficeの次期バージョンで目指すのは、“パーソナルクラウド”の実現だ。そのために、どのような機能を追加するのか。実像に迫る。

PAGE TOP