[金谷敏尊の「ITアナリストの仕事術」]

第02回「批評家たるな、本質論者たれ」

2012年12月3日(月)

人の意見にダメ出しはしても、代替案はと問われると答えに窮する−−。ありがちな光景だが、ビジネスを推進していく上では姿勢を改める必要がある。批評家にとどまらず、本質論者であることの意義を考える。

アナリストは、技術や市場を評価することが仕事の一端にある。そのため、評価することに長けた、いわば“評論家”としての顔が色濃く出てくることが多々ある。この能力は、アドバイザリー行為の主従関係が存在する局面、例えば講演やプレゼンテーション、あるいはコンサルティングの現場では意味がある。いや、必須のスキルといっても良いだろう。

Yesとしか言えないコンサルタントは存在価値が薄い。どんな議論でも、とりあえずはNoと言え、という風潮もなくはない。これは、あら探しをしろという意味ではない。科学的、数学的な論拠を構成する際も、多面的に批評する姿勢を忘れず、ダメ出しを繰り返すことで、完成度を高めていこうという意識が根底にある。

しかし、事業を推進したり会議で意思決定したりする場面では、「批評しかしない人」は不利益極まりない。否定的な空気を作り、チームの方向性をドライブすることができないからだ。重要な会議で「代替案なき批評」に終始するメンバーに振り回されると、大きくマイナスに作用する。アナリストとて例外ではない。概して分析に長けており、発するメッセージは客観的な正論であることが多いが、そのスキルを履き違えると百害あって一利無しだ。

有意義な会議とは、結論を出すという目標を共有し、それに向かってポジティブな意見を出すことこそが貢献する。ポジティブとは詰まるところ、他人を批評するだけでなく自らが発案するということだ。この辺りの事情が分かっていないと、会議でノイズを発するだけの迷惑な存在に成り下がる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
金谷敏尊の「ITアナリストの仕事術」一覧へ
関連記事

第02回「批評家たるな、本質論者たれ」人の意見にダメ出しはしても、代替案はと問われると答えに窮する−−。ありがちな光景だが、ビジネスを推進していく上では姿勢を改める必要がある。批評家にとどまらず、本質論者であることの意義を考える。

PAGE TOP