[マーケティング志向で行こう!]

ありがちな“ポジショントーク”多機能神話の落とし穴

2012年12月18日(火)

今日、Facebookを見ていたら、北米のものと思しき宅配業者の広告が話題になっていました。その企業のトラックの側面後方に、競合他社のロゴマークが入ったトラックの先端が描かれているんです。つまりは、「ライバルよりうちが先行している」(自分たちのビジネスにアドバンテージがある)というメッセージです。

露骨にも感じますが、欧米では一般的に見受けられる手法。自社製品は他と比べてどんな点が優れているかを、ライバルの社名や商品名を挙げながら明示する広告は、テレビや雑誌など様々なメディアで展開されています。

日本ではどうでしょう。我を張ることが疎んじられる傾向が強いので、馴染まないかなと思っていました。でも最近では一部のブログや広告などで、「A社の場合」などと社名は伏せながら(中には実名を出して)比較する例が見られるようになってきました。

これは国内外問わずのことですが、比較広告を見ると、「それって“ポジショントーク”じゃない?」と感じることが少なくありません。つまり、自分達にとって都合のよい枠組みの中でストーリーを展開し、最終的には自社製品の優位性を醸し出すやり方です。

こうした手法は、かなりテクニックが必要だと常々感じています。まず、自社製品にそれだけの優れた機能がないと説得力に欠けます。根拠を示す際にも公平さを意識しなければなりません。それらを軽視すれば“我田引水”というレッテルを張られるばかりか、不要な敵を作ることにもなりかねません。想像以上に敷居が高い手法なのです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
マーケティング志向で行こう!一覧へ
関連記事

ありがちな“ポジショントーク”多機能神話の落とし穴今日、Facebookを見ていたら、北米のものと思しき宅配業者の広告が話題になっていました。その企業のトラックの側面後方に、競合他社のロゴマークが入ったトラックの先端が描かれているんです。つまりは、「ライバルよりうちが先行している」(自分たちのビジネスにアドバンテージがある)というメッセージです。

PAGE TOP