[新製品・サービス]

【AWS re:Invent】プライベートクラウドは必要ない!? エンタープライズを本気で攻め始めたAWS

2012年12月17日(月)五味 明子(ITジャーナリスト)

企業ITの分野で存在感を増しているAmazon Web Services。矢継ぎ早にメニューを拡充している同社は今、どのような戦略を描いているのか。初のユーザーカンファレンス、「AWS re:Invent」を通して見えてきたクラウドへの熱い思いを見てみよう。

「この地球上で最もカスタマセントリック(顧客中心主義)な企業となる」

 

 1994年、ジェフ・ベゾスCEOが立ち上げたAmazon.comは世界の小売/流通業のスタイルを大きく変えた。そして2006年、顧客中心主義という理念と小売で培った薄利多売のノウハウをそのまま企業ITの世界に持ち込み、Amazon Web Servicesとしてインターネット経由でITインフラを従量課金制で提供する"クラウドコンピューティング"の提供を開始したAmazon。

「ジェフ・ベゾスは小売に集中すべきと皆が思っている」

「クラウド? 仮想化と何が違うんだ」

「こんなおもちゃのようなツールが企業に受け容れられるわけがない」

数多くの大手メディアやアナリストから批判され、嘲笑されたのはわずか6年前のことである。周知の通り、この6年でAWSは飛躍的な成長を遂げ、2012年12月現在、世界9カ所のリージョンにデータセンターを構え、190カ国にサービスを提供、スタートアップから各国政府、エンタープライズまで、数十万を超える顧客を抱えるまでに成長した。

クラウドのパイオニアはその開拓者精神を失うことなく、いまも競合他社に圧倒的な差をつけてクラウド市場のトップを独走し続けている。

躍進を続けるクラウドのトップベンダが次に見据えるゴールはどこなのだろうか。本稿では11月27日 - 29日の3日間に渡って米ラスベガスで開催されたAWS初のユーザーカンファレンス「AWS re:Invent」の取材を通して見えてきたAWSの新たな戦略について検証してみたい。

関連記事

【AWS re:Invent】プライベートクラウドは必要ない!? エンタープライズを本気で攻め始めたAWS企業ITの分野で存在感を増しているAmazon Web Services。矢継ぎ早にメニューを拡充している同社は今、どのような戦略を描いているのか。初のユーザーカンファレンス、「AWS re:Invent」を通して見えてきたクラウドへの熱い思いを見てみよう。

PAGE TOP