[イベントレポート]

ITビジネス研究会が例会を開催、中堅・中小ベンダーの生き残り策を考える

2012年12月17日(月)

2012年12月11日、ITビジネス研究会は例会を開催。会員企業の担当者40人が参加した。同会は、新サービスや新しいビジネスモデルの研究を通じて中堅・中小のITベンダー支援している任意団体。現在の会員企業数は25社。

例会では、NTTデータ経営研究所パートナーコンサルティング事業部門長である三谷慶一郎氏と、本誌米国特派員であるJust Skillの山谷正己プレジデントが講演した。

写真 三谷慶一郎氏による熱のこもった講演

最初に登壇した三谷氏は、「IT企業の活性化に向けて-労働集約産業から知識集約産業へ-」と題し、日本のIT業界が抱える課題と解決策を論じた。同氏は低調が続く国内IT投資動向に触れ、その理由を「投資の大半は自動化・省力化を目的としており、新たなサービスやビジネスモデルを構築する“攻め”のIT投資は伸びていない。このため、経営層がITの効果を実感しにくく、コスト削減の対象とみなしてしまう“ネガティブスパイラル”が起きている」と分析。加えて、「業務や職務の定義があいまい」「例外処理が多い」といった日本企業の特性が、システム開発を複雑にしていると指摘した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

ITビジネス研究会が例会を開催、中堅・中小ベンダーの生き残り策を考える2012年12月11日、ITビジネス研究会は例会を開催。会員企業の担当者40人が参加した。同会は、新サービスや新しいビジネスモデルの研究を通じて中堅・中小のITベンダー支援している任意団体。現在の会員企業数は25社。

PAGE TOP