[新製品・サービス]

インフォテリア、EAI/ESBツール「ASTERIA」の最新版をHadoopに対応

2012年12月27日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

インフォテリアは2013年1月、複数システム間でデータを受け渡したり、処理を連動させたりする、EAI/ESBツール「ASTERIA」の最新版を出荷する。

最新版は、分散処理フレームワークHadoopをクラウドサービスとして提供する、アマゾンウェブサービスの「Amazon Elastic MapReduce(Amazon EMR)」とデータ連携できるようにした。ユーザーが、ASTERIAの処理フローの中で、Amazon EMRの処理を実行したり、その結果を取得したりできるようにする。

今回のバージョンアップに合わせて、実証実験を実施。Hadoopを使ってバッチ処理を高速化する、オープンソースのフレームワーク「Asakusa Framework」を、Amazon EMR上で実行し、ASTERIAから実行、結果を取得できることも確認した。

関連記事

インフォテリア、EAI/ESBツール「ASTERIA」の最新版をHadoopに対応インフォテリアは2013年1月、複数システム間でデータを受け渡したり、処理を連動させたりする、EAI/ESBツール「ASTERIA」の最新版を出荷する。

PAGE TOP