[海外動向]

世界のトップ企業が語る、データから価値を生み出すための大原則~2012 Teradata PARTNERS

2013年1月8日(火)

2012 Teradeta PARTNERS User Group Conference & Expo 2012年10月21日〜25日 米ワシントンDC テラデータの各国のユーザー企業が集まる年次カンファレンスが米ワシントンDCで開催された。企業が入手し得るデータを経営価値につなげていくにはどうしたらいいのか。テラデータが提供するソリューションと共に、参加者の知見が一堂に集まるイベントは、終始熱気を帯びていた。

街路樹の葉が黄色に染まりつつある秋晴れの下、ワシントンDCの国会議事堂では、新しい大統領の就任式典の準備が着々と進んでいた。まだオバマ氏再選が決まる前の2012年10月下旬、ポトマック川のほとりにあるコンベンションセンターで「2012 Teradeta PARTNERS User Group Conference & Expo」が開催された。テラデータの各国のユーザーによる年次カンファレンスである。

「DECISION POSSIBLE」。つまりは、情報システムに集約・蓄積するデータから知見を導き、的確な意思決定に結びつけようというのがPARTNERS 2012のキーメッセージだ。ユーザー主導によるイベントという性格だが、もちろんテラデータ自身も最大限にコミットし、最新の戦略やソリューションを来場者に向けて提示する場となっている。

写真1 会場となったワシントンDCのGaylord National Resort & Convention Center
写真1 会場となったワシントンDCのGaylord National Resort & Convention Center

データを経営価値へ
ユーザーと共にノウハウを蓄積

10月22日には基調講演の位置づけで「オープニング/ゼネラルセッション」が開催され、広大な会場は朝早い時間帯から熱気につつまれた。

テラデータの首脳陣として、まずステージに上がったのがCEOのマイク・コーラー氏である。冒頭、世界各国から3800人以上の来場者を迎えたことに感謝の意を表しつつ、今まさに、同社に追い風が吹いていることをアピール。それはとりもなおさず、データの徹底活用でビジネスの現場の意思決定を迅速かつ最適なものにしなければならないという問題意識がユーザーの中により鮮明に打ち出され始めたことを指している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

世界のトップ企業が語る、データから価値を生み出すための大原則~2012 Teradata PARTNERS2012 Teradeta PARTNERS User Group Conference & Expo 2012年10月21日〜25日 米ワシントンDC テラデータの各国のユーザー企業が集まる年次カンファレンスが米ワシントンDCで開催された。企業が入手し得るデータを経営価値につなげていくにはどうしたらいいのか。テラデータが提供するソリューションと共に、参加者の知見が一堂に集まるイベントは、終始熱気を帯びていた。

PAGE TOP