[海外動向]

ビジネスを加速する企業ITの4つの潮流?Software AG ProcessWorld 2012

2013年1月9日(水)

Software AG ProcessWorld 2012 2012年10月15日〜17日 米オーランド 独ソフトウェアAGが年次ユーザーカンファレンス「ProcessWorld 2012」を米オーランドで開催した。2007年に米ウェブメソッドを買収して以来5年間、BPM分野に経営資源を集中させてきた同社が区切りのタイミングで発したメッセージは「競争優位を生む源泉としてのビジネスプロセス改革」。会場では、その実現に向けた考え方と技術が語られた。

ソフトウェアAGは、ドイツを本拠に全世界70拠点で約1万社の顧客を擁し、年間で11億ユーロを売り上げる大手グローバルITベンダーだ。

1969年に設立され、1971年にAdabasデータベースを投入しメインフレーム市場での地歩を築いた同社は、時代ごとにメインフレームからクライアント/サーバ・モデル、Webアプリケーションというコンピューティングモデルの遷移をとらえた製品を展開しながら業容を拡大してきた。直訳すれば「ソフトウェア株式会社」となる社名からは、具体的にどのような分野を扱うベンダーなのかをイメージしにくいが、常に時代のニーズに即したエンタープライズ・ソフトウェアを提供し続けてきたという意味では“名は体を示している”とも言える。

そんなソフトウェアAGが2000年代後半より事業の中核に据えるのがBPM(ビジネスプロセスマネジメント)分野だ。2007年の米ウェブメソッド買収を端緒に、2010年の独IDSシェアー買収で現行のBPM製品群の骨格が完成。その後もM&Aを推し進めて、CEP(複合イベント処理)、MDM(マスターデータ管理)、インメモリー型データ管理といった周辺の技術・製品を手中にし、従来型のBPMに自律的な改善の仕組みが加わるなど同社がBPMの進化モデルと位置づける「BPE(Business Process Excellence)」実現のためのポートフォリオを整えているところだ。

企業ITの4大潮流が、ビジネスを加速させる重要な要素に

BPM市場に参入してから5年という区切りのタイミングに見据える方向性として掲げられたProcessWorld 2012のテーマは「Get There Faster」。ビジネスにまつわる諸活動を“より機敏に”行える仕組みと技術にスポットが当てられた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

ビジネスを加速する企業ITの4つの潮流?Software AG ProcessWorld 2012Software AG ProcessWorld 2012 2012年10月15日〜17日 米オーランド 独ソフトウェアAGが年次ユーザーカンファレンス「ProcessWorld 2012」を米オーランドで開催した。2007年に米ウェブメソッドを買収して以来5年間、BPM分野に経営資源を集中させてきた同社が区切りのタイミングで発したメッセージは「競争優位を生む源泉としてのビジネスプロセス改革」。会場では、その実現に向けた考え方と技術が語られた。

PAGE TOP