[イベントレポート]

ERPは企業をfrustrateしてはならない、facilitateするべき?IFS World Conference 2012

2013年1月10日(木)力竹 尚子(IT Leaders編集部)

IFS World Conference 2012 2012年10月15〜16日 スウェーデン・ヨーテボリ IFSは10月、スウェーデン第2の都市であるヨーテボリで「IFS World Conference 2012」を開催した(写真1)。生産管理やサービス・マネジメント&設備資産管理、プロジェクト管理、サプライチェーン管理といったERP機能を開発・販売する同社の次の狙いは、モバイル+クラウドである。

写真1 路面電車が走るヨーテボリ市のコンベンションセンターが会場
写真1 路面電車が走るヨーテボリ市のコンベンションセンターが会場

「ワールドカンファレンスを開催するのは5年ぶり。その間、リーマン・ブラザーズの破綻に端を発する世界的金融危機があった。日本で起きた大きな自然災害とそれに伴う原発事故、中東や北アフリカで起きたソーシャル革命。まさに激動の5年だった」。カンファレンスの幕開けで、アレステア・ソービー最高経営責任者はこう振り返った(写真2)。「それにもかかわらず、当社は業績を伸ばしてきた。逆境のなかに好機を見出しつかみとるために、当社のERPを活用する企業が増えているからだ。ERPは、企業をfrustrateしてはならない。facilitateすべきだ」(同氏)。

写真2 アレステア・ソービー最高経営責任者は、「激動の5年間、成長を続けた」と好業績を強調
写真2 アレステア・ソービー最高経営責任者は、「激動の5年間、成長を続けた」と好業績を強調
写真3 カンファレンスには、世界各国からユーザー企業の担当者約1400人が集結した
写真3 カンファレンスには、世界各国からユーザー企業の担当者約1400人が集結した

スマホアプリ開発に5社が名乗り

写真4 研究開発部門のトップであるトーマス・セルド氏
写真4 研究開発部門のトップであるトーマス・セルド氏

実は、同社は2012年6月にERPパッケージの新版「IFS Application 8」を提供開始という大きな発表をしたばかり。それにもかかわらず、今回のカンファレンスでは新発表が相次いだ。なかでも目玉となったのは、ERP機能をiPhoneやWindows Phone、Android端末で利用するためのアプリ「IFSタッチアップス」だ。

今回、提供を開始したアプリは7種類。プロジェクトの作業時間や参加状況を報告・確認する「IFS Time Tracker」や、外出先でリアルタイムの旅費精算を可能にする「IFS Trip Tracker」、顧客情報や日々の営業活動などを入力・参照できる「IFS Sales Companion」などである(表1)。マイクロソフトのAzure上に構築したIFSクラウド上で稼働するSaaSとして提供する。「いずれも、既存の機能を単に移植したのではなく、スマートフォンで使ってこそ生きる機能に絞って新規開発した」(研究開発最高責任者であるトーマス・セルド氏)。

今後3年以内に、人事管理やSCM、プロジェクト管理、会計といったパッケージ機能をモバイル環境で利用可能にするアプリを提供していく。このため、外部ベンダーの力も援用する。11月15日にタッチアップス パートナープログラムを発足。今後、パートナーが開発したアプリをIFSクラウドに集約していく。プログラムにはすでに、5社が参加を表明済みだ(写真5)。その1社であるNECの製造・装置業ソリューション事業本部長である平野文康氏は「パートナープログラムに沿ったアプリ開発は、その販売による直接的な利益貢献のほか、技術的優位性を示す手段にもなる」と意欲を見せる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連キーワード

ERP

関連記事

ERPは企業をfrustrateしてはならない、facilitateするべき?IFS World Conference 2012IFS World Conference 2012 2012年10月15〜16日 スウェーデン・ヨーテボリ IFSは10月、スウェーデン第2の都市であるヨーテボリで「IFS World Conference 2012」を開催した(写真1)。生産管理やサービス・マネジメント&設備資産管理、プロジェクト管理、サプライチェーン管理といったERP機能を開発・販売する同社の次の狙いは、モバイル+クラウドである。

PAGE TOP