[事例ニュース]

任天堂、デジタルマーケティングを強化〜ユーザー事例まとめ(2012/11/16〜2012/12/13)

2013年1月15日(火)

1カ月間に発表された主要なユーザー事例を紹介する、ニュースフラッシュ ユーザー事例編。製造業や金融業、その他のユーザー企業の情報システム導入・構築事例から、12個の事例を取り上げた。

情報共有

清水建設、従業員のコラボレーション基盤を構築

海外市場への進出と、それに伴うワークスタイルの変化などを踏まえ、クラウドベースのコラボレーション基盤の導入を検討。マイクロソフトが提供する「Microsoft Office 365」の「Lync Online」を採用した。プレゼンス機能やインスタントメッセージング、マルチデバイス対応などを評価した。2013年3月までに全社展開を完了させる予定。最終的には、全従業員の約1万1000人が利用する。 (2012/11/16)

データベース

エン・ジャパン、Webサービスのインフラを強化

新卒採用や転職、アルバイトなど求人サイトや、転職エージェントサービスを展開する。現在、Webサービスの利便性向上を目指した業務改革を実施しており、その一環としてデータベースサーバーを刷新した。Webサービスのレスポンス向上が目的。旧システムの6分の1の導入費用で、パフォーマンスを約10倍に増強した。マイクロソフトの「Micro-soft SQL Server SSD Appliance」を採用した。 (2012/11/19)

グループウェア

日本航空、3万5000人のグループウェアを刷新

サーバーのリプレースに合わせて、グループウェアを刷新した。新システムでは、路線・部門ごとの採算状況や、運行状況などを掲載し、従業員と経営情報を共有するためのポータルに仕立てた。経営再生に向けたグループの一体感を醸成するのが目的。ドリーム・アーツのグループウェア「INSUITE」を採用。日立ソリューションズが構築を担当した。2012年8月から運用を開始している。 (2012/11/20)

マーケティング

任天堂、デジタルマーケティングを強化

家庭用ゲーム機から接続するオンラインショップ「ニンテンドー eショップ」や、コーポレートサイトなど、同社が運営する複数のチャネルにおいて、ユーザーがどのように行動しているかを横断的に分析。ユーザーのニーズを把握して、販促キャンペーンやコンテンツ配信を最適化する。アドビシステムズのデジタルマーケティング支援ツール「Adobe Marketing Cloud」を導入した。 (2012/11/30)

スマートデバイス

マルサヤ、営業活動をスマートフォンで効率化

東京都大田区で、かつお節の製造販売を手がける同社。スマートフォンを使った営業支援アプリを導入。営業担当者が、訪問先で売上を計上したり、注文内容を入力したりできるようにした。従来は、ハンディターミナルを使って売上を入力、電話やメールを使って事務担当者に出荷を指示していた。アイルがシステム構築を担当。同社のパッケージソフト「アラジンオフィス」を採用した。 (2012/11/30)

情報共有

NEC、グループ会社の情報共有基盤を統合

従来、グループ会社が個別に整備していた情報共有システムをグローバルで一元化した。同社のプライベートクラウド上で稼働する。ID認証やメール、スケジュール管理、ファイル共有、電話やWeb会議などの機能を備える。2010年秋から運用を開始した基幹システムとも連携する。国内外のグループ会社265社、11万人の従業員が使用する。構築に当たっては、マイクロソフトの技術支援を受けた。 (2012/12/4)

関連記事

任天堂、デジタルマーケティングを強化〜ユーザー事例まとめ(2012/11/16〜2012/12/13)1カ月間に発表された主要なユーザー事例を紹介する、ニュースフラッシュ ユーザー事例編。製造業や金融業、その他のユーザー企業の情報システム導入・構築事例から、12個の事例を取り上げた。

PAGE TOP