[About this Issue]

2013年に向けて

2013年1月16日(水)

あっという間に過ぎ去ろうとしている2012年。読者の皆さんにとっては、どんな年だっただろうか。

UML生みの親の一人、グラディ・ブーチ氏 UML生みの親の一人、グラディ・ブーチ氏

企業向けIT製品に関して言えば、プライベートクラウドが浸透する一方で、4月にIBMがPureSystemsを世界同時発表。年後半には日立製作所、富士通が同様の垂直統合型プラットフォームを発売した。先行するオラクルExaシリーズを含め、選択肢がぐっと増えたことになる。垂直統合の意味は何か、オープンプラットフォームとの違いは何かなどは本号で特集したので、ご一読頂きたい。

消費者向けIT製品では、やはりモバイルデバイスの充実が挙げられるだろう。アップルのiPad mini、グーグルのNexus7、アマゾンのKindleなどが出そろい、Windows8搭載のタブレット機も多数登場した。その結果、BYODを含め本格的にモバイル活用の環境整備に取り組む時期が到来した。何もしなければShadowIT(非公認の隠れIT機器利用)が進んでしまうからだ。

事故や残念なことも多かった。事故といえば、ファーストサーバが6月に起こした顧客数6000件におよぶデータ消失がある。半年経った今、ほとんど話題に上らなくなったが、事故そのものを風化させてはならないと思う。

政治のドタバタでマイナンバー制度が廃案になったことは、個人的に残念なことの1つである。データや情報を効率的に扱い、処理するためには何らかのコード化は欠かせない。「先進20ヵ国の中でこの種の制度を持たないのは日本だけ」との指摘もある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
About this Issue一覧へ
関連記事

2013年に向けてあっという間に過ぎ去ろうとしている2012年。読者の皆さんにとっては、どんな年だっただろうか。

PAGE TOP