[中国電脳事情]

iPad miniの価格が高騰し非正規品業者は敬遠気味

2013年1月18日(金)

中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

電子政府のモデル都市である深セン市に専用センターを新設

― 広州日報(11/1)

中国で最初の「電子政務」(日本で言う電子政府や電子行政に相当)のモデル都市である深セン市に「電子政務資源センター」が設立された。注力する分野の1つが公開データの整備である。現在、センターのデータベースには2000万件以上の同市の法人に関するデータや、1.5億件の人口に関するデータが登録されており、今後は情報資源として公開される見通しだ。

同センター主任の李蘇氏は「北京市において電子政務システムはすでに実績があるが、モデル都市としての運営は深セン市が初となる。ただし、具体的な運営は来年度となるのでプランは目下、詳細を詰めている段階にある」と現状を説明した。

iPad miniの価格が高騰し非正規品業者は敬遠気味

― 新聞晨報(11/3)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

iPad miniの価格が高騰し非正規品業者は敬遠気味中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

PAGE TOP