[ザ・プロジェクト]

【ユーザー事例】NTTドコモ:技術競わせ翻訳精度を向上、細かな改善を重ねて本サービスへ

2013年1月30日(水)

日本語しか話せなくても外国人と会話できる─。そんな夢物語を可能にしたのがNTTドコモの「はなして翻訳」だ。スマートフォンを使い、日本語と英語、中国語、韓国語など10言語をほぼリアルタイムに翻訳する。果たしてどのように実用化したのか。サービス開始までの道のりを聞く。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

西本 暁洋 氏
西本 暁洋 氏
NTTドコモ サービス&ソリューション開発部 サービス開発推進担当 主査
2001年4月、NTTドコモに入社。リモートアクセスサービスの企画、運用業務を経て、法人向けIP電話サービスの立ち上げや、業務用機器への通信モジュール組み込みプロジェクトに従事。2010年4月にネットワーク開発部に異動し、新サービスの企画や開発業務に従事。「メール翻訳コンシェル」、「はなして翻訳」の企画開発、トライアルを推進し、2012年に商用提供を開始した。現在、これらサービスの利用拡大に向け、さらなる改善、機能拡充の検討を進めている。

飯村 葉子 氏
飯村 葉子 氏
NTTドコモ 研究開発センター ネットワーク開発部 サービスサポートノード担当
2005年4月、NTTドコモに入社。ネットワーク開発部に配属。以降、ネットワーク経由で提供する映像、テキスト、音声などといったメディアコンテンツの付加価値サービスの開発に従事。テレビ電話形式のライブビデオストリーミングサービス、SMSの国内事業者間相互接続対応、通話録音サービスなど、数々の開発プロジェクトに携わる。

金野 晃 氏
金野 晃 氏
NTTドコモ マーケティング部 サービス戦略担当 主査
2001年4月、NTTドコモに入社。マルチメディア・移動体端末の研究・開発業務を経て、ベイズ統計のマーケティングへの応用業務に従事。2011年4月よりマーケティング部へ異動し、ドコモ全体のサービス戦略企画・実行の業務に従事する。現在、「しゃべってコンシェル」や「はなして翻訳」といったR&D発のサービスを提供するプロジェクトを推進している。

はなして翻訳とは

スマートフォンを使った無料の翻訳サービス。対面利用と通話利用の2通りの使い方が可能。前者は1台の端末を使い、翻訳した内容を画面に表示し、交互に見せ合うことで対話できるようにする。後者は電話での会話を翻訳し、音声として読み上げる(画面に表示することも可能)。着信側はドコモの契約者である必要はなく、固定電話でも利用できる。対面利用時には、英語、韓国語、中国語をはじめ10言語をサポートする。通話利用時は英語、韓国語、中国語の3言語のみサポート。Android用アプリとして提供する

─「はなして翻訳」は話題を呼んでますよね。一体、どんな経緯で生まれたんですか。

西本:社内外を問わず、技術の最新動向をチェックしている中で、翻訳に関する技術の精度が向上していることに目を付けました。複数の技術を組み合わせれば、新たなサービスを生み出せるのではと考えたのが、そもそものきっかけです。

─具体的にはどんな技術?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

【ユーザー事例】NTTドコモ:技術競わせ翻訳精度を向上、細かな改善を重ねて本サービスへ日本語しか話せなくても外国人と会話できる─。そんな夢物語を可能にしたのがNTTドコモの「はなして翻訳」だ。スマートフォンを使い、日本語と英語、中国語、韓国語など10言語をほぼリアルタイムに翻訳する。果たしてどのように実用化したのか。サービス開始までの道のりを聞く。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP