[シリコンバレー最前線]

立ち上がるAPIエコノミー データサイエンティストが引く手あまたに

2013年2月1日(金)

調査会社の米IDCは、ビッグデータの世界市場は2015年、169億ドルに達するものと予測している。IT業界はもちろんのこと、ビジネス界もビッグデータによるイノベーションに期待している。今回は、それを下支えするAPIエコノミーを解説する。

シリコンバレーにおいて、「APIエコノミー」が立ち上がっている。様々なクラウドサービスがAPIを通じて結びつき、新たなビジネス、あるいは価値を生み出す。そんな経済圏だ。

先鞭をつけたのはGoogleである。同社は膨大な投資をして開発したWeb表示の世界地図を気前よく公開。誰もが自由に利用できるようにした。その結果、地図上に商店やレストランの所在地を配置し、商品や料理に関するクチコミ情報を提供する新しいサービスが数多く生まれた。

自社サイト上に、Google Mapsから切り出したオフィス周辺地図を表示している企業も少なくない(図1)。自分たちで作成するよりも手軽だし、自在にズームインやズームアウトできるなど、操作性も優れているからだろう。

図1 Google Mapsを、APIを介して自社サイトに埋め込んでいる企業は多い
図1 Google Mapsを、APIを介して自社サイトに埋め込んでいる企業は多い

それ以来、Googleを見習ってか自社で開発したシステム機能をサービスとして提供するベンダーが数多く生まれている。カスタマーサポートやシングルサインオン、課金SaaSといったサービスを開発。オープンに提供する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

立ち上がるAPIエコノミー データサイエンティストが引く手あまたに調査会社の米IDCは、ビッグデータの世界市場は2015年、169億ドルに達するものと予測している。IT業界はもちろんのこと、ビジネス界もビッグデータによるイノベーションに期待している。今回は、それを下支えするAPIエコノミーを解説する。

PAGE TOP