[技術解説]

IBM PureSystemsを解剖する

2013年2月6日(水)

エキスパートのノウハウで統合した “ワークロード指向”のITプラットフォーム 2012年4月、IBMは全世界で「Expert integrated systems」という新たなコンピューティング分野と、その実現形態としてPureSystem製品群を発表した。最新ラインナップも含め、その特徴を解説する。

2012年4月にIBMが発表したExpert Integrated System(エキスパート統合システム、以下EIS)は、以下の特徴を備えている。

(1) Built-In Expertise 〜 エキスパートの持つノウハウをあらかじめ実装

ハードウェアやミドルウェアのトポロジー(配置)、設定、チューニングなどに関しては、それぞれ専門特化したエキスパートでないと担えない作業がある。EISには、IBMやIBMビジネスパートナーが何千ものシステム構築案件を通じて蓄えてきた知識を“ベストプラクティス化”し適用可能な形式であらかじめ組み込んでいる。

(2) Integration by Design 〜 計画的な統合

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
関連記事

IBM PureSystemsを解剖するエキスパートのノウハウで統合した “ワークロード指向”のITプラットフォーム 2012年4月、IBMは全世界で「Expert integrated systems」という新たなコンピューティング分野と、その実現形態としてPureSystem製品群を発表した。最新ラインナップも含め、その特徴を解説する。

PAGE TOP