[技術解説]

Oracle Engineered Systemを解剖する

2013年2月6日(水)

Flashの活用やリソース制御など 最適化に向けた先進技術を凝縮 最新のハードとソフトを組み合わせるという「単純な足し算」以上の価値をいかに顧客に提供するか。Flashのフル活用やリソース配分の自動化など、技術力を結集した最新解を詳説する。

従来、ITプラットフォーム構築においては「ベスト・オブ・ブリード」、つまり「その時どきで最善と判断される構成をとる」というアプローチが優勢だった。しかし、このアプローチにはいくつか問題点があった。

1つは、導入や運用にかかるコストである。アーキテクチャを設計して最適な構成を検討し、複数ベンダーからIT資源を調達・実装して運用するには、多くの試行錯誤が必要である。性能問題もあった。CPUとメモリーの性能向上は目覚ましい。一方、HDDのそれはほぼ横ばい(図3-1)。ここが、ボトルネックとなっていた。ビジネスの成長によるデータ量やトランザクション処理量の増加に合わせてハードを増強しても、あるポイントに達すると性能が頭打ちになってしまう。

導入・運用コストを抑えつつ性能をどう担保するか。Exdataは、こうした難題を解決することを目指した製品である。

図3-1 ハードウェアに性能向上率の乖離が起きている。CPUやメモリーの性能向上に比べるとHDDの性能向上は横ばいに近い
図3-1 ハードウェアに性能向上率の乖離が起きている。CPUやメモリーの性能向上に比べるとHDDの性能向上は横ばいに近い

検証済みの同一構成でトラブル解決までの期間短縮

Exadataを一言で説明すると、Sunのハードウェアに、オラクルのDBとストレージ・ソフトウェアを組み合わせたデータベースマシンである。オラクル内の専門家がDBサーバーとストレージサーバー、ネットワークを事前に構成して調整し、テストまで実施。すべてのコンポーネントが問題なく連携するかどうかや、性能上のボトルネックや単一障害点がないことを確認して出荷する。このため、企業は数週間をかけてチューニングする手間をかけずに導入できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
関連記事

Oracle Engineered Systemを解剖するFlashの活用やリソース制御など 最適化に向けた先進技術を凝縮 最新のハードとソフトを組み合わせるという「単純な足し算」以上の価値をいかに顧客に提供するか。Flashのフル活用やリソース配分の自動化など、技術力を結集した最新解を詳説する。

PAGE TOP