[新製品・サービス]

カルチュア・コンビニエンス・クラブ、Microsoft Office 365を導入

2013年2月27日(水)IT Leaders編集部

「Office365」を使って、従業員同士の情報共有を図る。日本マイクロソフトが2013年2月27日、発表した。

従業員同士の情報共有基盤として、マイクロソフトの「Office 365」を導入した。Microsoft Officeとの親和性や、検索エンジン「FAST」の性能などを評価した。全社展開は 2013 年度上期を予定。まずは、SharePoint Onlineを使い、ポータルやSNSを中心に据えた働き方を定着させる。その後、メールシステムをExchange Onlineに置き換える予定。全国の TSUTAYA の店舗アカウントを含めると 利用者数は4000 を超える。

 

図:システム構成のイメージ(プレスリリースより抜粋)

課題・要件

  • 過去のサービス提供の経験や、マーケティングのノウハウ、分析データなどを効率的に蓄積し、企画業務に活用するためのしくみの整備
  • 「作る」から「使う」へのシフト

対応

  • マイクロソフトの「Office 365」を採用
  • ソフトバンク・テクノロジーが導入を担当した

企業データ

1983 年に大阪・枚方に出店した「蔦屋書店」を創業とする企画会社。書籍、DVDの販売・レンタル店舗「TSUTAYA」や、事業者横断型のポイントカード「Tカード」などの事業を展開する。

関連記事

カルチュア・コンビニエンス・クラブ、Microsoft Office 365を導入「Office365」を使って、従業員同士の情報共有を図る。日本マイクロソフトが2013年2月27日、発表した。

PAGE TOP