[木内里美の是正勧告]

データ活用の実務家は、“ビッグデータ”に惑わされない

2013年3月5日(火)

IT分野では、一昨年頃から「ビッグデータ」という言葉がしきりに使われるようになった。2000年以降インターネットの活用が一般化し、人類が創出する情報量が急増する「情報爆発」という現象が起きていることが背景にある。

TwitterやFacebookのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(通称SNS)は、携帯電話やスマートフォンの普及と相俟って世界中の人達の情報発信を促し、情報爆発を加速させている。今日では自動車や工作機械、エレベータなど様々な装置に取り付けられたセンサーが発する情報も急増している。

このような爆発的に膨張するデータの集まりを、概念的に「ビッグデータ」と言っているようだが、しかしその定義は曖昧で、立場や解釈によって様々に扱われている。対象となるデータには構造化データもあれば音声や動画のような非構造化データもあり、多様である。

企業内にもメールやプレゼン資料、画像など活用されていないデータが大量に存在する。「そんなデータを活用すれば、何か有用な結果が引き出せるのでは?」という企業の期待を営業に生かそうと、データ分析とは関係のないITベンダーもこの言葉を使うようになった。それが却って“バズワード(意味のない一種の流行語)”らしさを助長している。

それではビッグデータに、データ活用の真髄があるのか? 未だに確たるものは見えないが、多くの人が薄々、気づいてきたことがあるようだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

データ活用の実務家は、“ビッグデータ”に惑わされないIT分野では、一昨年頃から「ビッグデータ」という言葉がしきりに使われるようになった。2000年以降インターネットの活用が一般化し、人類が創出する情報量が急増する「情報爆発」という現象が起きていることが背景にある。

PAGE TOP