[技術解説]

今さら聞けない、ソーシャルデータ分析のきほんの「き」

2013年3月11日(月)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

Twitterの投稿内容を分析 全投稿を対象にしたサービスも登場 外部データを活用する一例に、TwitterやFacebookの投稿を分析し、マーケティング活動などに役立てるケースがある。企業はこうしたデータをどのように取得/活用すればよいのか。Twitterの投稿を取得する方法と、取得から分析まで実行する支援製品・サービスをまとめた。 折川 忠弘(編集部)

TwitterやFacebookに代表されるソーシャルメディアの投稿から、自社商品やブランドなどがどう評価されているのかを把握しようとする企業が登場している。日常生活の中で語られる膨大な数の“本音”は企業にとって魅力的な評価材料の1つだ。

では企業はソーシャルメディアのデータをどのように取得すればよいのか。TwitterやFacebookの場合、無償で公開されるAPIを用いることで投稿データ(JSON形式)を取得できる。APIを利用するためのプログラムさえ用意すれば、自社で投稿内容を分析することが可能だ。

もし高度な分析を実施するなら、投稿内に肯定/否定的な記述があるかどうかを判定する分析エンジンや、どんな言葉を肯定/否定的と捉えるのかを判別する辞書などを用意したい。

ただし、公開APIはすべての投稿を漏らさず入手するわけではない。例えばTwitterなら、1時間あたりのAPIへのアクセス回数や一度に取得できる投稿数に制限がある。過去の投稿については最大1週間までしか遡って取得できない(表3-1)。Facebookの場合、取得可能なデータを制限するほか、特定の利用者間で閉じたグループ内の発言などは対象外となる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

今さら聞けない、ソーシャルデータ分析のきほんの「き」Twitterの投稿内容を分析 全投稿を対象にしたサービスも登場 外部データを活用する一例に、TwitterやFacebookの投稿を分析し、マーケティング活動などに役立てるケースがある。企業はこうしたデータをどのように取得/活用すればよいのか。Twitterの投稿を取得する方法と、取得から分析まで実行する支援製品・サービスをまとめた。 折川 忠弘(編集部)

PAGE TOP