[市場動向]

本格始動した日本政府の「オープンデータ戦略」

2013年3月11日(月)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

国の「オープンデータ戦略」が本格始動 民間の支援組織も相次ぎ発足 先進諸国に比べて、日本の公共データ公開に向けた取り組みは遅れていた。 しかしここに来て、府省庁や民間団体などによる動きが活発化している。 本パートでは、具体的な施策や支援活動を整理する。 折川 忠弘(編集部)

公共データは国が保有する重要な資産であり、活用することで経済の活性化や企業活動の効率化、市民生活の向上などが見込める—。こうした考えに基づき、公共データを企業や市民に開放する動きが広がり始めた。

各府省庁は政府が2004年に定めた「行政情報の電子的提供に関する基本的考え方」に基づき、保有する公共データの一部をWebサイトを通じて公開してきた。しかし、重要なデータが揃っていない、形式が不統一で扱いにくい、などの理由から民間での活用は思うように進まなかった。

そこで2012年7月、公共データの利活用を促進する「電子行政オープンデータ戦略」を策定。二次利用しやすいデータ形式で公開することを基本原則とし、商用利用できることも盛り込みつつ、これまでの障壁を取り除く施策を打った。

内閣官房と経済産業省、総務省が主導で戦略を推進する。具体的には内閣官房が公共データを使う上でのルール作りやデータの標準化などを進める。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

オープンデータ

関連記事

本格始動した日本政府の「オープンデータ戦略」国の「オープンデータ戦略」が本格始動 民間の支援組織も相次ぎ発足 先進諸国に比べて、日本の公共データ公開に向けた取り組みは遅れていた。 しかしここに来て、府省庁や民間団体などによる動きが活発化している。 本パートでは、具体的な施策や支援活動を整理する。 折川 忠弘(編集部)

PAGE TOP