データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[ザ・プロジェクト]

【ユーザー事例】日立製作所:6年を費やし、取引先や人事などグループ940社の管理コードを統一

2013年3月21日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

国内外に連結子会社約940社、約32万人の従業員を擁する日立グループ。連結経営の強化を目指し、2005年から取引先や財務、人事などグループ全社の主要な管理コードの統一を進めてきた。相当の時間をかけた裏側に、どんな工夫と苦労があったのか。現場の指揮を執った2人に聞く。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

芝 正孝 氏
芝 正孝 氏
日立製作所 IT統括本部 IT戦略本部 本部長
1980年日立製作所入社。生産技術研究に20年間従事した後、2000年より5年間、フラットパネル事業部門に異動しERPパッケージ導入などをリード。日立製作所本社に戻り、今回のコード統合プロジェクトの企画・立案を行った後、2006年より欧州CIOとして欧州のグループ会社のITガバナンスを指揮。2012年4月より現職。

 

芝 正孝 氏
青木 智穂 氏
日立製作所 情報システム事業部 情報共有基盤システム部 部長
1981年日立製作所入社。以来コーポレート部門の業務アプリケーション開発と運用・保守を担当。2009年より日立グループ統一コード(G&Gコード)のグループ会社展開とコード管理センタの運営担当となり、合わせて情報共有プロジェクトの事務局の役割を担う。現在は並行してグローバル人財マネジメントのためのインフラ基盤を開発中。

 

─グループ企業を含めた、社員や取引先などの管理コードを一本化したと聞きました。日立製作所の規模となると、相当苦労されたんじゃないでしょうか。まずは、きっかけからお聞きします。

:ご存じの通り、日立グループは発電設備や新幹線などの社会インフラから、家電や部品まで幅広い事業を手がけるコングロマリッド(複合企業体)です。特に2000年以降は分社化を進め、グループ企業は国内外で約940社になっています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連キーワード

日立製作所

関連記事

【ユーザー事例】日立製作所:6年を費やし、取引先や人事などグループ940社の管理コードを統一国内外に連結子会社約940社、約32万人の従業員を擁する日立グループ。連結経営の強化を目指し、2005年から取引先や財務、人事などグループ全社の主要な管理コードの統一を進めてきた。相当の時間をかけた裏側に、どんな工夫と苦労があったのか。現場の指揮を執った2人に聞く。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP