[韓国ICT事情]

今、韓国で注目を集める「スマートATM」とは?

2013年3月21日(木)

韓国の銀行業界で「スマートATM」の設置が加速

12月13日 | デジタルデイリー

韓国の銀行業界で、「スマートATM」と呼ぶ大規模・多機能なATMの設置競争が進んでいる。独立的なスペースを持ち、座ったまま利用できるブースタイプ(1台当り約2坪)のATMの設置を進めているのが、韓国外換銀行。利用者がATMブースに入ると出入り口が自動ロックされ、一般的な入出金処理はもちろん、ビデオ会議によって担当者に相談できる。まだ限られた機能しか持たないが、今後100種以上の業務を可能にするという。

IBK企業銀行(中小企業銀行)は、ATMメーカーであるLG CNSが開発した「スマートテラーマシーン」をリリースした。60種あまりの業務をサポートし、やはり画像相談システムにより相続や税務、資産管理などの相談が可能である。一般のATMよりも大画面でスマートフォンのUIと類似した画面構成にした。

韓国の代表的なATMメーカーはノーチラス曉星やLG CNSだが、韓国外換銀行はSK Telecom、中小企業銀行はKorea Telecomと組むなど、通信会社とのコラボレーションが特徴である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
韓国ICT事情一覧へ
関連記事

今、韓国で注目を集める「スマートATM」とは?

PAGE TOP