[新製品・サービス]

ビッグデータ活用環境の構築・設定から運用までワンストップで提供する「IIJ GIO Hadoopソリューション」

2012年9月3日(月)

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が2012年10月から提供を開始した「IIJ GIO Hadoopソリューション」は、ビッグデータ活用のためのHadoopクラスタ環境をクラウド上で提供するサービスだ。プラットフォームの提供だけにとどまらない、同サービスの概要と特長について話を聞いた。

Hadoopクラスタの構築から運用までワンストップでサポート


ソリューション本部
アプリケーションソリューション部
部長 山口新二 氏

 企業においてビッグデータ活用の気運が高まっている。単に大量のデータを収集するだけではなく、ビジネスにおいて発生する多種多様なデータの分析によって、新たな価値や、これまで気付けなかった予兆を発見し、ビジネスの変革につなげようというのだ。

 ビックデータを支える要素技術のなかでも特に注目を集めているのが、オープンソースの並列分散処理技術「Hadoop」であろう。大規模データを複数のサーバーに分散して処理することで、高速に処理結果を出力することができる。

 しかし、Hadoopの導入は「まだ敷居が高い」とIIJソリューション本部アプリケーションソリューション部長の山口新二氏は指摘する。「そもそもビッグデータの活用は、投資対効果が計りにくいという課題があります。それに加えて、Hadoopは、技術習得の敷居が高く、運用も含めて十分に活用しきれていないケースがあります」と同氏。

 IIJが2012年10月から提供を開始した「IIJ GIO Hadoopソリューション」は、そうした課題を解決したうえで、Hadoopを基盤としたビッグデータ活用のメリットをもたらすSIソリューションだ。同社のクラウドサービス「IIJ GIOコンポーネントサービス」のベースサーバーに最適化したHadoopクラスタを構築。モニタリングツールやライブラリ群も利用可能な状態で提供され、構築後すぐにシステムを利用することが可能だ。

 運用についても、初期構築の段階で、必要となる監視設定に対応。「IIJ GIO統合運用管理サービス」による運用・監視サポートを提供する。


ソリューション本部
アプリケーションソリューション部
アプリケーションソリューション2課
課長代行 岡田晋介 氏

 このように「IIJ GIO Hadoopソリューション」は、プラットフォームからミドルウェア、その上で稼働するアプリケーションまでのトータルなビッグデータ活用環境を提供する。IIJソリューション本部アプリケーションソリューション部アプリケーションソリューション2課課長代行の岡田晋介氏は、「Hadoopクラスタの構築から運用までをワンストップで提供し、ビッグデータ活用がもたらすメリットを、お客様が迅速に享受できるように支援します」と語る。

培ってきた実績を背景にサービスとしてパッケージ化

 「IIJ GIO Hadoopソリューション」の提供開始は2012年10月。同種の競合サービスと比べて後発ではあるが、IIJはHadoopをはじめとする大量データの高速処理に関して、以前から積極的に取り組み、多くの実績を有している。

 同社は、国内最大級であるインターネットバックボーンのトラフィック解析を独自開発並列分散プラットフォームで実現。MapReduceの独自実装など、超高速処理の知見を培ってきた。また、「IIJ GIOサービス」では、さまざまなニーズに応じてクラウドインフラの構築、運用を提供してきた。Hadoopクラスタの実装も数多く手掛けており、NTTドコモのiアプリ販売サイト「dマーケットアプリストア」をIIJ GIO上のHadoopを利用して構築するなど、多くの実績をあげている。

 これらの培ってきたノウハウや実績をもとに、構築から運用まで、しかも個別のニーズに応えるSIソリューションとしてパッケージ化されたのが「IIJ GIO Hadoopソリューション」だ。

クラウド上でも十分な性能リソース専有型で環境を構築

 「IIJ GIO Hadoopソリューション」は、クラウドサービス「IIJ GIOコンポーネントサービス」上でHadoopクラスタを構築して提供される。利用に応じてクラスタを拡張でき、スモールスタートが可能だ。課金は月額固定価格で、使い方を問わず、どれだけシステムリソースを利用しても利用料金は一定、追加料金を請求されることはない。

 ただし、クラウドとは言っても、「IIJ GIOコンポーネントサービス」はリソース専有型であるため、パフォーマンスについては十分に期待できる。

 「サービス提供にあたっては、専有型と仮想型で検証を行い、性能面を重視して専有型での提供を決めました。この検証では、Hadoopは専有型と仮想型でパフォーマンスに大きな差が出ることがわかりました」(岡田氏)

 すでに「IIJ GIOコンポーネントサービス」を利用している場合には、既存システムとHadoopクラスタを連携させることで、これまで蓄積してきたデータ資産を活かすことも可能だ。

関連記事

ビッグデータ活用環境の構築・設定から運用までワンストップで提供する「IIJ GIO Hadoopソリューション」インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が2012年10月から提供を開始した「IIJ GIO Hadoopソリューション」は、ビッグデータ活用のためのHadoopクラスタ環境をクラウド上で提供するサービスだ。プラットフォームの提供だけにとどまらない、同サービスの概要と特長について話を聞いた。

PAGE TOP