[韓国ICT事情]

韓国大手SIerの新しい成長戦略

2013年4月3日(水)

2013年の中央官庁(政府部処)の重要情報化計画、予算は増額

電子新聞 | 2013.01.01

2013年、韓国政府は郵便局や国民年金、図書館などの情報化を推進する。このため主要部処である知識経済部(経産省に相当)、保健福祉部(厚生省に相当)、文化体育観光部(文科省に相当)、国土科学技術部(文科省、国交省に相当)などの情報化予算は、昨年に比べ上昇した。

知識経済部は郵便局保険の情報化を核心事業として推進し、保険審査業務の自動化、損害率減少のための早期警報システムを構築する。ITインフラの拡充にも69億ウォン(約5億5000万円)を投入する計画だ。

保険福祉部は、国民年金の情報化事業に374億ウォン(29億9000万円)を投資する。福祉給付と福祉サービス情報を統合管理する社会福祉統合管理ネットワークの構築および運用、社会福祉施設情報システムの構築などから成り、社会保障情報システムも高度化する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
韓国ICT事情一覧へ
関連記事

韓国大手SIerの新しい成長戦略

PAGE TOP